【寝取られ】彼女が目の前で巨根の外人達にめちゃくちゃにされた4


圧倒的に可愛い女の子が多い!PCMAX(18禁)


女子大生、CA、看護師など・・・ラブ

寝取られ、浮気、ナンパなど・・・抜ける動画なら アダルトシティ

粗チン男子よ、これが現実だ・・・
女の子はデカチンが大好き

24歳の彼女そらが黒人に寝取られ、デカチンに狂っちゃうのを見ていた

3はコチラ:
【寝取られ】彼女が目の前で巨根の外人達にめちゃくちゃにされた3

僕の彼女…そらは、自分のお気に入りのカバーを付けた赤いソファーの上で、二人の大柄な黒人達によって、おもちゃにされ続けていました。

白いタンクトップは、あえて脱がされる事も無く、首の下まで大きく捲られたままになっており、そのせいで形の良い、性別に係わらず誰しもが羨む86のGカップの美乳が微妙に変形され、さらに膨らみを大きく見せていました。

そして彼女の勝負パンツとも言える、お気に入りの艶のある黄色のサテン地のパンティも、右膝にぶら下がったままになっていました。

背中にコブラのTatooを入れ、左の乳首にピアスを入れ…ブルーのカラーコンタクトを入れた、整形を施したようなイケメンの黒人モデルのジョージの下半身に跨る格好で、彼の黒い肉棒は、そらの小さな膣に深々と挿入され犯され続けていました。

いつの間にか、そらはソファーに浅く座っている、ジョージに背中を向ける形で、背面騎乗位で犯されていました。

ブルーのマスカラにブルーのアイラインで、グラビアアイドルのようなキュートなメイクをしている彼女は…いつしか顔を上気させ…すでに淫靡なメスの表情になりつつありました…。

「はあぁ?ん!!!!!入ってるぅぅ…凄い、奥まで…入ってるよぉぉ…あぁぁぁぁっっっ!!!…当たってるのぉぉ!!!…ジョージのがぁぁぁ…気もちぃぃぃ…。」目の前にいる、この黒人二人には「女」という生き物を、自分たちの言いなりにさせるような圧倒的な「性力」とでもいうか…強い力を持っているようにすら感じていました。

僕はAV男優の経験もある、アメフト上がりの強靱な肉体を持ったモデルのボビーによって、飲まされたドラッグの効き目が継続し全身が麻痺して動けずに、至近距離で同じソファーに座らされていました。

そのジョージと言う男は、僕の彼女が犯されている光景を十分に見せつける為、わざわざ結合部分が見やすい背面騎乗位の体位を変えたのかもしれません…。

僕の目の前には、うっすらとビキニの日焼けの跡を残し…白い肌をさらけ出されてしまった、愛しい…そらの裸体が写っていました。

その下半身は黒い肌のジョージ下半身と密着し、ソファーに両足を付きM字に開脚させられ…彼女が上下に身体が動かすたびに、彼女のアンダーヘアの下に広げられたピンク色の膣の中に、全てを収める事が出来ずに、大きな裏筋が堅く張りだしている、黒い肉棒が彼女の愛液で濡れ泡立っているようにいやらしく光っていました…。

そして、ボビーはソファーの上に大きな両足で立ち上がり、ジョージに背後から犯されている、僕の彼女の口元に高さを合わせる為に中腰になりながら、黒い肉棒の先端を差し出していたのです。

そらはそのボビーの黒い肉棒の根元を右手で優しく掴みながら、自分の口を最大限に開いて亀頭の部分を含みながらフェラをさせられていたのです。

それは、今日…このジョージという若い黒人が、この部屋を訪れるまでに…何度も何度も、自分を今まで経験した事の無いほどの深い絶頂へと導いた肉棒だったのです。

そらは口元に差し出された黒い肉棒に対して、貪るように自分の頭を前後に振りながらボビーを喜ばせようとしていたのです。

もしも…彼女の両親がこの光景を見たら、あまりのショックで気を失ってしまうであろう……とても卑猥な光景でした。

「なんで…!?…ねぇ…なんで???…まだ…こんなに堅いままなのぉぉ??ボビー…。」そらは、右手で肉棒のシャフトの部分を何度も大きくスライドさせながら、上目使いでボビーを見上げて言いました…。

そらが不思議がるのも当然でした。

この黒人は今日、この部屋に来てから、そらの身体を使ってたっぷりと3度も射精していたのです…。

しかも…彼は数時間前に、日本に到着したばかりで時差ボケの状態だったはずなのです。

「ソラサント!!…ヤルタメニ…クスリ!!ノンデキタ…」ボビーは両手を自分の腰に当て腰を突き出すようにしながら…今度は自分の黒い睾丸を必死に口に含み…舌を這わせて舐め続けている、そらのことを見下ろし得意げに微笑みながら言いました。

やはり…この黒人達は自らの強壮力も強める為にも何か強力なドラッグを飲用していたのです…。

そして、ジョージはソファーに後ろ手に両手を付き後ろから、そらの背中に密着するようにして、必死になってボビーの肉棒に自分の口を使って愛撫をし続けている、そらの耳元で言いました。

「…そのでかちんボビーが今日、ここに来ていなかったら…あんたは、俺と…こうやって…エッチしてなかったのになぁ???ははは…ボビーが来てくれて…良かったよなぁ!?そらちゃん???なぁ…だろ???」そらはジョージの言葉を聞きながら潤んだ瞳で、上目使いにボビーを見上げながら…何度も小さく頷きました。

「うん!!!あぁぁぁ!!!うん!!!!!!ぁぁぁんん!!!!だから…ボビーも…もっともっと気持ちよくなってぇぇ!!!ああああ!!」そして、その気持ちを自らで表現するかのように、一際、気合いを入れ直し、黒い亀頭を必死に口に含んで、ショートカットの髪を前後に揺らし自分の頭を大きく動かし続けていました。

そのフェラに満足しているようにボビーは目をつぶり、声を出していました…。

そらのフェラテクは僕が自分の為に…自分の好みで、彼女に何度も教え込んだ、かなりのレベルのフェラチオテクニックでした…。

しかし、今…その彼女は、僕の為にではなく、今日、逢ったばかりの黒人モデルを喜ばせる為に目一杯のテクを披露していたのです。

それを見たジョージは、大きな手で彼女の腰を両手で掴み、彼女の腰をゆっくりと大きな円を描かせるように動かし、膣内を巨大な肉棒でかき回し始めたのです。

このジョージという男は、自分の射精という快楽を迎える為に焦る事もなく、冷静に冷たい目をしたまま…僕の彼女を感じさせ…鳴かせ…そして狂わせようとしていたのです。

この20才そこそこの若者に、そらは完全に身体も心も狂わされ…感じさせられていたのです。

「うぅぅっっっっっ!!!!あぁぁぁぁぁんん!!!気持ちいい?!!!うぅぅんん…ダメ?ッ!!あああ!!ジョージ…あぁぁ…おかしくなっちゃぅぅ?あ?ん!!!もう…だめぇぇぇっっ!!!あぁんあんあん!!!!」そらはボビーの亀頭から口を離し一瞬、口を大きく開き顎を突き上げ、目を瞑ってボビーの肉棒を右手で掴み、左手では自分の腰を掴んでいる、ジョージの左手首を掴んで振り返るような仕草をみせ…甘えるように大きく喘ぎました…。

すると…ジョージは僕にゆっくりと視線を送りながら言いました…。

「いい眺めだろ?!?タクちゃん!!はははは…あんたの大事な可愛い彼女がさぁ?あんたが大嫌いな黒人野郎達2人がかりで犯されてさぁ…こんなに…よろこんじゃってるよ!!最高だよなぁ?はははは…」黒い肌の大男達に挟まれるようにして、白い肌の僕の彼女が犯されている光景は…今まで見たことが無いほど強烈な光景でした。

依然として動けない僕は、気が狂いそうな衝撃を受け続けて…そして、この黒人2人に対しても激しい憎悪を感じずにはいられませんでした。

そらは、ジョージのいやらしい円運動の動きを膣内で受けとめて、ボビーの肉棒をくわえ続ける事が出来ずに口を離して喘ぎ続けました…。

「うううぅぅんん!!!!!チュパッ!!!!!ジョージ…ちょっと…あぁぁぁんんん!!!!ちょっとッッ待ってぇぇ…あぁぁぁ!!!!だめぇダメッ!!!あぁぁぁぁ…」すると今度はボビーが、そらの後頭部を大きな右手で押さえつけながら、自分の下半身の方に、そらの顔を振り向かせ喘いでいる。

彼女の口に亀頭を押し込みながら言いました。

「ホラ!!!ホラッ!!!コッチノモ…モット…チャント…シャブレヨ?!!!!キモチヨクシテクレルンダロ????」そらは、眉間に皺を寄せ両目を強く瞑って、口に肉棒を差し込まれても…なおも喘ぎ続けていました。

「うぅぅん!!!うーーーーん!!!うぅぅんん!!!」そらの左の頬が、口の中から押しつけられたボビーの肉棒によって、大きく膨らんでいるのが分かりました。

しかし、そらのその苦しい表情の中に…メスが快楽に埋もれていく…恍惚した表情が見えました…。

黒い肉棒が彼女の口に、突き刺さった光景は、もう二度と忘れられないと思います……。

僕の彼女は、今この黒人二人の終わりを知らない責めに寄って、小さな身体の全身で究極の快楽へと引きづり込まれているのです…。
「そら!!!ボビーには、感謝してんだろ!?してるよなぁ!?だったら…ボビーにも…口に出してもらって…全部…飲んでやれよ!!なぁ??俺の時みたいにさぁ!!!」ジョージは、腰をゆっくり丸く廻し続けながら言いました。

そうなのです…。

ジョージという男の話では…そらはジョージとの行為の時に、自分をイカせてくれた、彼へのお礼のつもりなのか…彼に対し、自慢のフェラテクを駆使して、彼を喜ばせ大量に射精させ…自ら進んで彼のその精液を飲み干していたそうなのです…。

僕自身は、ジョージのそんな話を、最後まで信じたくは無かったのですが…。

現実に今、ジョージの言った事を否定することのない、そらの事を見ていると、そらがこの若い黒人の精子までを飲み干したという話を信じるしかなくなりました…。

そして、ジョージは黒い大きな両手で彼女の身体を支えるように、背後から86Gカップの美乳をゆっくりと大きく揉み始めました。

ボビーも、そらのショートカットの髪を掴み、頭を前後に無理矢理振らせるように動かしながら言いました。

「へぇー!!ソラサン…ジョージノ…ノンダノ????オレノモ、ノム???」ボビーは、そう言いながら、そらの唇、舌と口の柔らかい感触を黒い肉棒で感じ取っているのでした。

そらも、そんなボビーを上目遣いで見上げながら、何度も頷きながら口からボビーの真ッ黒い亀頭を離していいました。

「ボビー…あんあぁん!!いっぱい出して!!ボビーの…も飲むぅぅ!!アァァァン…はぁはぁ…全部飲むぅぅ…あぁぁん!!」ジョージは、そらの言葉を聞いてニヤニヤしながら僕を見ました。

そして黒い大きな両手を前に回して、白い柔らかな美乳の膨らみを左右から中心に押しつけるようにして揉み上げて、中指と親指の腹で膨らみの頂点で、敏感に突き出た乳首をつまみ上げながら左右に捻っていました。

「乳首も…おっ立てちゃって!!!これからちぎれるくらい…揺らしてやるからな!!!!」ジョージの言うとおりでした…。

男なら誰でも、そらのこの美乳を見たら大きく揺れているところを見たくなるのです…。

そして、自分の腰を打ち付けることで…さらに、大きく揺らしてみたい衝動に駆られてしまうのです。

その衝動は…僕もまったく同じでした。

僕が、そらのとのセックスでは、好んで騎乗位をしていたのはその為でした。

しかし…今、彼女の…その美乳を揺らす権利があるのは、僕ではなく…。

彼女を背後から黒い肉棒で犯しているジョージだけだったのです。

そらは上の口を、ボビーの肉棒で塞がれて膣にはジョージの肉棒で犯されていました。

しかし…彼女は、十分に身体の中心で黒人達の巨大な肉棒で犯され続け、いつの間にか…黒人達との生まれてはじめて3Pに陶酔していったのです。

4本の腕で愛撫され、上下の口を犯され2本の肉棒に対して従順で淫乱な女にされてしまったのです。

ジョージの大きな肉棒を受け入れ、ボビーの肉棒の裏筋に丁寧に舌を這わせながら、ボビーを感じさせるように必死に愛撫を続けている、そらはジョージの腰の動きで鼻を鳴らしながら、自分の欲望を爆発させようとしているようでした。

「うぅぅぅんん!!!ボビー…あぁぁん…チュパッ!!!堅いよぉ…ボビーのも、あぁぁ…凄く堅くなってるよぉぉ…チュパッ!!!あんあん!!出して良いよ!!ボビー…あぁぁん!!!そらの口に…出して!!!いっぱい出して!!!あぁぁぁ!!!」そらは、ジョージからの言いつけを守るために…ボビーに出された精液を自分の口で全て受け止めて…飲み干すつもりでいるようでした。

その間も、ジョージは彼女の腰を両手で掴みながら、ゆっくり前後に振り出しました…。

ジョージの堅い陰毛と、そらの恥骨が擦れて、ジョリッ!!ジョリッ!!という音が動きの徐々に激しさを増して行きました。

「ほら!!!…ホラ!!となりで見てる、あんたの彼氏に…今、どんな気持ちなのか…教えてやれよ!!!そらちゃんよ!!!!!!」ジョージは、余裕の表情で笑みを浮かべながら…そらに向かって言いました。

そらは、ソファーの横に座っている僕の方に、ゆっくりと視線を送り自分の
中指を噛みしめながら…汗を滲ませた顔で叫んだのです。

「タクちゃん!!!!!…凄い気持ちいいよぉぉぉ?!!ああああん!!!!ジョージのが!!あああん!!!ジョージのが…あん!!あん!!!良いのぉぉ…あぁん!!凄い気持ちいいのぉぉ…あぁぁぁあ!!!もうダメッッダメなのぉぉぉあぁぁあぁ!!!!!!」そらは膣内にボビーにたっぷりと塗り込まれた、強烈な誘淫剤の効果と黒人達の女の「性」を執拗に責め続けられて、理性が吹き飛び精神的も肉体的も十分にも犯され狂わされてしまい…彼の言いつけを忠実に守ったのです。

…敏感な膣内から全身へ伝わる、黒い肉棒からの快感と闘いながらも、必死に僕に向かって叫び続けました。

「もうダメッ…」という彼女の言葉が、耳から離れませんでした…(もう…あなたのおちんちんでは、ダメなのぉ…)と言われているように感じました。

「もう…あぁぁん!!!ダメッ!!!!!!!凄い…気持ちいいのぉぉぉ…こんなの…あぁぁ…初めてぇぇ…あぁぁんんん!!!」ジョージは、そらの叫び声を聞き、間髪入れずに、僕に向かって言いました。

「だってさ!!!タクちゃん!!!…嬉しいだろ!?自分の彼女が…こんなに喜んでてさぁ…はははは!!!あんたは…ホントに良い彼氏だよなぁ!!!」そらは動きを増した、ジョージの腰の動きに付いて行けずに身体のバランスを崩し…ジョージの太股の上に、両手を付いて腰をいやらしく前後に揺らされていました。

「そんな、彼氏に引き替え…そらは、黒人のちんちんで勝手に感じまくって…喘ぎまくってさぁ?ひっでえー彼女だよなぁ!?どうなのよ???」そらは…目を瞑り何度も頷きながら喘ぎ続けていました。

「ああんん!!黒くて…あっああ!!!!大っきいおちんちんが…はぁはぁはぁ…好きなのぉぉ」そして、彼女の柔らかな曲線のウエストを持っていた、ジョージの両手は自分の肉棒を中心にゆっくりと大きく動かしていたのでした。

「しっかし…そらのチビま○こがスッゲー…締まってるよぉ?!!このタイトな…おま○こ…やっぱり…最高だよぉ!!!ボビー!!!!やっぱ…日本人は良いよ?!!!!やめられねぇや!!」

僕の彼女のそら(仮名)は、生まれて初めての3Pを僕を含めずに、今日出逢ったばかりの黒人モデル達と体験していました…。

「しっかし…そらのチビま○こがスッゲー…締まってるよぉ?!!このタイトな…おま○こ…やっぱり…最高だよぉ!!!ボビー!!!!やっぱ…日本人は良いよ?!!!!やめられねぇや!!」ジョージという若いイケメンの黒人は、さっきまでの僕との会話では、日本人の女性は嫌いだと話していました…。

しかし僕の彼女に…そらの、肉棒に絡みつき吸い付き締め上げてくるような、膣の中に自分の肉棒を差し込んで意識が大きく変わったようでした。

「この子の…おま○こは…マジで特別だよ!!!今まで中でも…かなりいいよ!!!」ソファーの上に立ち自分の肉棒の根元を掴み、そらに自分の肉棒をしゃぶらせている、大柄の黒人ボビーを見上げてその若い黒人は、今までで一番嬉しそうに言いました。

こんな黒人に自分の彼女の名器を誉められても、今は嬉しくもなく…逆に無性に腹が立つだけでした。

そして一刻も早く、こいつらが果てて…終わることを望んでいました…。

そして、ジョージは、そらの身体を軽々と持ち上げるようにして、太く長い肉棒で彼女のその名器といえる、膣に目がけて自分の肉棒を突き刺し始めたのです。

そんな、この黒人達のセックスを見ていて、男の僕ですら迫力を感じていたのは…僕を始め日本のAV男優など一般的サイズの男性が、セックスする時に女性に対し腰を振るストロークというか…ピストン運動での腰の前後移動距離に比べ…彼ら黒人達のその距離は恐ろしく大きいことでした。

当然の事ですが…巨大な肉棒の全長の違いが、単純に前後運動距離の違いになることは解っているのですが…。

……そこまで腰を引いて…。

そこまで女を持ち上げても…お前らの肉棒は…まだ??抜けないの???と…単純に疑いたくなるほど、大きく激しくダイナミックな腰の動きで僕の彼女の膣は犯され続けていたのです。

それを目の当たりにした僕は、男として悲しいくらい強い敗北感を感じずにはいられませんでした。

そんな、激しいジョージのダイナミックな突き上げに、そらは美乳をちぎれるくらい、大きく上下に揺らしながら叫び声を上げました…。

「ジョージ!!!!あっっっ!!ダメッッッ!!ダメッ!!ジョージ!!また……イッちゃうーー!!!!!!!うっ!!!!!!!うぅっっっぅぅーーーんんんん!!!!」そらが、ジョージの激しい動きで絶頂に駆け上がろうと…口を開いた瞬間に彼女の後頭部を両手で押さえていたボビーが、また自分の腰をググッ!!と、前にせり出したため、ボビーの黒い肉棒の先端が彼女の口の中に深く押し込まれました…。

「うっぅぅんんん!!!!!うっーーーーーーん!!!!うぅぅぅぅぅぅんんんんん!!!」息がつまり…窒息するかと思う程、肉棒を口に押し込まれ、激しく上と下の口を黒い肉棒で犯されながら、彼女はまさに「快楽への拷問」を受けているかのようでした。

2本の肉棒で今まで経験したことが無い激しい快感によって…そらは今日、何度目かの絶頂に導かれてしまったのです…。

何度もイカされているうちに、そらの感度は確実に、もっと深い快感を自ら求め感じるようになっているようでした。

ソファー上でボビーの強靱な黒い太股に、細く白い両腕でしがみつくように抱きついて…ジョージに下からの突き上げられ、彼の下半身を自分の白い太股で挟んで左右から締め付けるように目一杯に力を入れ、激しい快感に両膝や肩をブルッ!!!ブルッ!!!!と振るわせていました…。

そして、まぶたはきつく閉じて、全身にはうっすらと汗をかいていました…。

嗚咽によるものなのか、強烈な快感によるものなのか、そらは両目にはこぼれ落ちそうな涙を溜めていました。

「また、イッちゃったのかよ!?早いね?そらちゃん…そんなんじゃ身体が持たないよ…まだまだ…これから、楽しむんだからさ!!!!」ジョージは、そらのお尻をパチパチと両手で叩きながら言いました。

そして、この黒い肌の男達は休ませる事なく…僕の彼女を責め続ける気なのです。

そして、そらは…絶頂を感じて目を潤ませ上気しきった顔のまま、ボビーに頭を両手で押さえつけられて強烈なフェラ…いわゆる「イマラチオ」を強要されていたのです。

小さな彼女の口を…女性器の代わりにされ、ボビーは自分の腰を前後に振りながら満足そうに自分の肉棒を必死にくわえている、そらのフェラ顔を見下ろしていました…。

こんなセックスは、やらせのAVの世界だけだと思っていました。

しかし…今まさに僕の目の前では肉がぶつかり、擦れ合う音を立て…生々しく…そして激しいセックスが繰り広げられていたのです。

こんなにも…激しいセックスを体験してしまったら、どんな女性であっても、普通のセックスでは、もう満足することが出来なくな
くなるのではないか!?と…男である僕ですら、そう思う程の…激しくそして…熱いセックスだったのです。

ジョージは、そらの美乳を背後から、両手で掴むようにして揉み上げながらソファーのクッションの反動も使って腰を…今までより大きく上下に振りながら…そらに言いました。

「俺たちとの…3Pは…最高だろ??そらちゃんよ…!?あんたのスケベな身体に、俺たちのと事を一生忘れられないように…たっぷりと覚え込ませておいてやるからなぁ!!!!」そらは、必死にボビーの肉棒から、口を離して叫びました…。

「っっっ!!!!あぁぁん!!!ダメッ!!!あーーっ!あんあん…あん…!!ダメッ!!!!うぅぅぅんん!!!!」そらは返事をする事も出来ない程…肉体的に追いつめられていたのでしょう…。

この黒人達はAVへの出演の豊富な経験もあり、尚かつ以前にも、日本人の女性達をそらと同じような目に、何度も遭わせて来ているそうでした…。

慌てることもなく慣れた様子で、そらを犯し続けていたのです。

そらは自分のウエストを大きな黒い両手で掴んでいる、ジョージの右手首を強く掴み叫びました。

「あんあん!!!ダメっ!!!あん!!!もう…ダメーーーッ!!!ジョージ!!!!!ぁぁあん!!」すると…ジョージはニヤニヤしながら、そらに向かって、またしても意地悪く言い放ったのです…。

「はぁ???…ダメ!?…そら??もう…ダメなのかよ!?じゃぁ…抜いてやろうか???だめなんだろ!?ちんちん…抜くぞぉ?!?…良いのかぁぁ!?そらちゃん…!?俺のを…抜くぞ!!!!!」彼女よりも年下の黒人は、まったく落ち着いたままのギラギラと鋭い目つきで…自分の腰の動きを止め…となりに座ったままで動けない僕の事を睨みながら…彼女に向かって言いました。

「はぁはぁ…いやぁっ!!!ダメッ!!!あぁぁん!!!!ダメ??ッ!!!ジョージ!!!抜かないで!!ああぁぁぁん!!!お願いぃぃ!!抜かないで??っっっ!!!!!!」そらは、ジョージを振り返るようにしながら、ショートヘアを左右に振り乱しながら叫びました。

そらのセックスは普段から敏感で…イキやすく、僕とのエッチでも、何度もイクと…その都度、深い快感の後に訪れる…気だるい
余韻をゆっくり時間を掛けて楽しむのが普通でした…。

…そんな彼女が今、こんなにも貪欲に男の肉棒から刺激を求めるとは思ってもいませんでした。

しかし、誘淫クリームを使われ、感度を極限まで上げるような強いドラッグを飲まされた、今の彼女は何度イカされても休むことなく、次に自分の身体を襲ってくる、さらに強い刺激や快感を自分から求める身体になってしまっているようでした。

ジョージはソファーに寄りかかっていた身体をゆっくり起こし、彼女の右の腕を自分の首の後ろへ回させ…右脇の下から顔を出しピンクの舌を唇から延ばし見せつけるようにして、そらの美乳のやわらかな膨らみに、舌を這わせ動かし…「カフェオレ色」と、そら自身が自分でいつも言っていた、彼女の右の小振りな乳首を口に含みながら言いました。

「…俺のちんちんと…相性が良いもんなぁ?!?…そらの…チビま○こは…ははは…癖になるだろ?!?!?」そらも彼の方へ顔を向け、うっとりとしたアンニュイ表情で、彼の青い目に視線を送りながら頷きました。

「うん!!!!あぁぁん…いいっ!!!…凄く良い…あん…もうダメぇ…もう、はまっちゃうぅぅ……ああはぁはぁ…だめぇぇっ…」彼らによって何度もイカされている、そらは自分がドンドン弱い立場になって行くように感じていたのでしょうか…ボビーの黒い肉棒を右手でスライドしながら…こぼれ落ちそうなほど涙を溜めて言いました。

するとそんな、そらを見てボビーが自分の肉棒を擦りながら言いました。

「ジョージハ、ニホンニ…イルカラ…イツデモ…コレルヨ!!!」ボビーは、今の彼女の欲望に満ちた心と体を…見透かすように、そらの頭をやさしく撫でながら言いました。

すると…ジョージの方も、その言葉に間髪入れず僕とそらの関係を無視し土足で踏みにじるように彼女を責め立て続けました。

「ははは!!!!…そうだなぁ!!!俺もこんなに良いおま○こなら…また、ヤリに来てやってもいいよ!!!!はは…そらも、また俺とヤリたいんだろ!?あんたの愛する彼氏に…聞いてみろよ!!!毎日…この黒人野郎とおま○こしても…いいですか??ってさぁ!!ははははは!!!!」ジョージは、そらの乳首をピンクの舌で上下に弾くように舐めながら彼女に言いました。

彼女を落ち着かせるように…腰の動きはゆっくりと動かしていたのです。

「…ああああん…また…ジョージと…あぁぁ!!エッチしたい!!!…あっ…!!!エッチしたいのぉぉ!!!もっとしたいよぉぉぉ?!!!あぁぁぁぁッッッ!!そら…っまた…ジョージと…あああん!!!しても…いい??…はあはぁぁ!!!!!タクちゃん……!!!」そらは「女」として発情しきった…AV女優のように、いやらしいメスの顔を見せ…僕に向かって言いました。

そしてジョージは、僕が動けず返事すら出来ないのを承知で、自分勝手な事を言い出したのです。

「タクちゃんさぁ!!!今、俺とおま○こしているあんたの彼女がさぁ…、俺とセフレ関係になりたいんだって…どうする???ダメだったら…今すぐ、ダメッってハッキリ言ってやってよ……。でも…もし万が一、心の広?いタクちゃんがさぁ!!!そらの事を許して…好きなだけ黒人野郎とおま○こしても良いよ!!!って言うことだったら……。

そうだなぁ?タクちゃんが<無言>を貫くことで……オッケー出した!!!!ってことにしてやってよ!!!…どうかなぁ???」ジョージは、勝ち誇った顔のまま僕の目を見つめて言いました。

そして、ジョージがそう言い終わると3人の視線は僕の方に集まりました…。

そして…必死に唇を動かし、声を出そうとしている僕の事を3人は見つめていました…しかし、しばしの沈黙の後に………。

「OH?オッケー出したよ!!!!タクちゃんが良いってさぁ!!!さすが…タクちゃん!!!そらは心の広?い良い彼氏を持って…良かったなぁ!?」ジョージが言いました。

そして、それを見たボビーは声を出して笑っていました…。

僕は、今日この行為を何度も後悔し、自分を責めて続けていました…。

友人からの依頼を初めから断っていれば、そらをこんな目に合わせることもなかったのです。

そして、ボビーを迎え入れたことについては、必死に…無理矢理に、そらの事を信じるという気持ちで自分自身を納得させることが出来たのです。

しかし…この背中にコブラのTatooを入れた年下のイケメンの黒人については、僕が了解をしてこの部屋にいれた男では無くボビーが勝手に呼びつけ、僕が意識を失っている間に上がり込んで来た男だったのです。

そして、僕やそらに対し、何の遠慮をするわけでもなく、好き勝手な行動をしていたのです。

僕は、このジョージというこの若い黒人だけは許すことは出来ませんでした…。

ボビーも自分の肉棒を右手で、そらの口元に差し出し彼女の左のおっぱいを大きな黒い手で揉みながらニヤニヤと彼女に言いました。
「ヨカッタネェェェ!!!ソラサンハ…ジョージト…コレカラ、マイニチ…セックス…デキルヨ!!!!」彼らは、勝手に話を進めていました。

しかし…そらもどこか吹っ切れたように、右手で自分のショートカットの髪をかき上げて改めて、ジョージの太腿に両手を付くと今度はジョージの黒い肉棒を自分の意志で膣内に抜き差しするために腰をゆっくり上下に動かし始めたのです。

そして、僕の方を見ながら言いました。

「あぁぁ?ん!!!…気持ちいい…はぁはぁ…もう…おかしいよぉぉああん!!!もう…ダメなのぉぉ…ホントに!!!!あぁん…ホントに…おかしくなっちゃうぅぅ!!!!!あぁぁあぁ…」そして、もっとも悲しく辛く感じたのは…僕に取っては殴り倒したい程、憎き年下の黒人のジョージという男に、自分の彼女が身も心も…どんどん惹かれて行っている現状を感じてしまっていたからでした…。

しかも、ここにいる黒人の話をまとめると、このジョージという男は、そらがボビーのモデル事務所に所属している、何人ものモデルの中から彼女自身が選んでボビーが連絡をして、この部屋に呼んだという事だったのです。

ということは…彼は、そらが選んだ彼女の好みの男であったという事を意味していました…。

恐らく、それもボビーが仕組んだ僕たち2人に対する嫌がらせと…黒人を嫌った日本人カップルに対する仕返しだったのでしょう…。

そして彼女は、その作戦に、まんまと填り…そのイケメン黒人モデルの為に、自分のお気に入りのパンティを履き…自分を可愛く見せる為に念入りなメイクをして、彼をこの部屋に迎え入れたという事に気が付いたからでした…。

そして、彼女は自分からジョージの肉棒を中心にして、自分の膣からその肉棒が抜け落ちないようにしながら静かに腰を廻し…ビキニの跡がうっすらと残った、自分の魅力的な身体を年下の黒人に向けて反転させたのです。

そして、両膝をソファーに付いて、改めて彼の下半身に跨り直し…愛しい人に視線を絡め、目で合図でもするかのようにジョージとジッと見つめ合っていました。

そして…今は、自分からは腰を動かそうとしないジョージの肩に両手を軽く乗せて、自分の腰をゆっくり前後に動かして、彼の黒い肉棒を抜き差しさせ始めたのです。

ジョージはその間も獲物を捕らえる肉食獣のような鋭い視線で、そらを見つめていました。

そらの愛液で濡れ光った黒く太い彼の肉棒が、コンドームも被せるような気遣いなどいっさいなく生のままで、そらの膣の中に収まっていく様子が、僕の位置から、はっきり見えていました。

そらの愛液で光る日本人のモノとは、全く違う色素を持った真っ黒いバットの様な肉の塊が、そらのピンク色の割れ目の中央の膣の中に、…深くまで埋まり…そして、また長大な姿を現す…という卑猥な動きをゆっくりと繰り返していました。

それは…ぼくの彼女が自分の好みの早さ・リズム・深さ・角度で動き続けていたのです。

「あぁぁあん…ジョージ…気持ちいぃぃ!!!もっと…してぇ?あんあん!!!そらを…あっ!!!もっと…あぁぁ…気持ちよく…してぇぇ?ねぇぇ?ジョージぃぃ…」そらは、ジョージを挑発するかのように、自分の美乳が彼の視界に入れるように左右に揺らし、身体をゆっくり上下に動かしながら…ジョージの青い目を見つめて哀願していたのです。

「ははは…あんたは…ほんとはさぁ…ただスケベなだけの……ヤリマン女なんだなぁ?ははは…!!!!だから、黒くて…でかいちんちんだったら…誰のでも良いんだろ!?」そらは、ジョージが自分自身に対して発する汚い言葉を遮るようにして、彼の唇に自分の唇を押し当て…人工呼吸をするように彼の唇の間に自分の舌を差し込み、彼の舌を迎え入れようとしていました。

そして…唇をずらして彼の黒い首筋にも小さな舌を這わせ耳たぶにもしゃぶりつき…自分なりの必死の愛情表現を目の前のジョージに対して繰り返していました。

そんな、献身的な、そらを目で追いながらジョージは、僕だけを傷つける為に彼女をしつこく問いただしたのです…。

「あんたは…誰でも??でかい、ちんちんなら誰のでも…良いんだろ!?」そらは、ジョージの質問を聞きながらも舌先を使い、彼の鎖骨を舐め目を見つめて首を左右に振り続けていました…。

そして、彼の左肩に置いてあった右手を、ゆっくり自分の後ろからお尻に廻し…自分の割れ目の下から、はみ出しているジョージの引き締まった黒い睾丸を優しく包むように何度も揉み始めました。

そして…次にそのまま、さらに奥の二人の結合部分にまで手を持っていくと…自分の膣に入っているジョージの黒い肉棒の根元を中指と親指で掴み上下にスライドさせながら、ジョージが望んでいたことを言わされたです…。

「あぁあん…ジョージの…かっ堅いぃぃぃ!!!!凄く…堅いよぉ?!!!!そらので…ヌルヌルしてて…あぁぁぁ…凄いやらしいぃ…はぁはぁ…。ジョージの…このおっきい…あぁぁ…おちんちんじゃないと…ダメなの!!!!そらは…あぁぁ…ジョージのが…ジョージのおちんちんが良いの!!!!あぁぁぁ…」…そう宣言した彼女が再び、ジョージにキスをして舌を舐め合い絡ませている間中…ジョージの青い目は、僕から視線を外さずに、ジッとこちらを勝ち誇ったような目で見ていたのです。

すると…ボビーが自分の肉棒を擦りながら、ソファーに座っている僕の目の前にしゃがみこんで、僕を見つめながら言いました。

「ソラサン…カンゼンニ…ジョージニ…クルッタ…」ボビーの言うとおりでした…。

彼女は人間の欲望のままに行動しはじめていました…。

今日このような体験をすることで…一番身も心も満たされて喜んでいたのは、そらだったのかもしれません。

初めてボビーと出会った時は、黒人であるボビーに対して、人種差別ともとれる強い拒否反応を示していた彼女が、ボビーに使われた強い効果の誘淫クリームの効果と彼らの信じがたい肉棒の存在感によって、時間が経つにつれて心から黒人達に抱かれる事を望みはじめ…とことん犯されることに依って、今まで彼女の人生で味わったことの無い強烈な快感を体験し続けていたのです。

それに対し、一番辛く惨めな思いをしていたのは僕でした。

心まで奪われる事は無いと…自分の彼女を信じていた自分が悪かったのでしょうか???そらは、ジョージの肉棒を自分の膣内に納めるように、腰を振りながら、目の前の彼と吐息まで感じる距離で、おでこを寄せ合い黒い肌の彼と鼻の頭と自分の鼻を触れ合わせ、そして…唇も触れ合わせながら…恋人同士がピロートークするのように、小声で呟き合っていました。

「うぅぅん…ジョージ……ホントに…やばいよぉぉ…あぁぁ…ホントに!!あっっああ!!もう、離れられなくなっちゃうよぉぉ……タクちゃんが…あぁん!!!…いるのにぃぃああ…。」「黙ってりゃ…解んねぇ?よぉ絶対!!…さっきヤリ友にOK出たんだし……だから後で…そらの携番…教えろよ…な!?」「ああああっ!!ダメだよ…さっきのは…あぁぁん…ホントに…ぁぁん!!ジョージ…あぁぁん!!!やぁ??ん!!!!」「また、俺とヤリたいんだろ!?…後ろからも!!前からも!!…おま○こを…俺にガンガンされたいんだろ!?そら!?…今、ちんちん…抜いちゃうぞぉぉ…マジで!!!はは…。」「いっやぁあぁんんん!!そんな…誰だってぇ…ああん…したくなっちゃうよぉぉ…はぁはぁ…こんなに…ぁ?ん…こんな…激しく…エッチされちゃったら…うぅぅぅん…」二人は、僕には聞こえないように小声で囁き合っていました…。

その内容は僕に取っては聞き捨てならない会話でした…。

しかも、子声で話されると…本当にヒミツの会話に聞こえてくるのが悲しく思えました…。

こんな若い黒人に僕らの関係を壊されるなんて考えられませんでした。

しかし…ジョージは、そらとじゃれ合いながらも…まだまだ…彼女の人生で忘れられない「快楽の拷問」を受けさせようとしているのでした…。

ジョージは、そらとソファーの上で話を続けながら、時折、僕の彼女と舌の先を舐め合い絡め、唇を重ねながら…彼女を喜ばせていました。

そして、唇を離し頭を傾けて、彼女の背後にいる、もう一人の黒人ボビーに向かって叫びました…。

「ボビー!!得意の…でさぁ、もっと…そらちゃんを喜ばせやってよ!!!」するとボビーは、強い効果で…そら身も心も狂わせている…例の誘淫クリームを、またしても自分の太い中指にたっぷりと付けて、ソファーの2人にゆっくり近づいて行きました…。

キスが大好きな、そらはボビーの動きを無視して…目の前にいるジョージの唇に自分の唇を合わせ、夢中になって彼の延ばした舌にしゃぶりついていました。

そして、ボビーは、そらの背後にゆっくりとしゃがみ込みながら、擦れ合い湯気が立ちそうな、二人の結合部分を頭を下げて覗き込んだのです…。

そして、その誘淫クリームが付いた右手の太い中指で、そらの皺の寄った小さな肛門にゆっくりとクリームを塗り込み始めたのです。

「うぅぅ…あっ!!!!!ダメッ!!!ボビー!!!イヤッ!!!!!!ダメッ!!!!お尻は、イヤーーッ!!!」この黒人達は初めから、そらの肛門までもを…犯すつもりでいたのです…。

ボビーの行動に慌てた、そらは身体を捻って後ろを振り向こうとしました。

するとジョージが彼女の腰を掴んで、彼女の動きを制止ながら言いました。

「そらちゃん…そっちの穴は…はじめてなのかよ…??」そらは正面に向き直り、ジョージに向かって泣き出しそうな目をして頷きました。

「ははは…そりゃぁ良かったなぁ!!!ボビーが喜ぶぜぇぇ!!!じゃぁ…ケツの方のvirginは…黙ってボビーにくれてやれよ!!!!!!」ジョージは、冷たい目で彼女を見つめ信じられない事を言い出しました。

「いやぁーーっ!!!ダメーーーッ!!!!」そらは本気で泣き出しそうに叫びました…。

僕とそらの間では、まだ未経験のアナルセックスでした。

僕も前から興味半分では、そらのアナルに自分のモノを挿入れる事をトライしたことがありました…。

でも、その時も、さすがに彼女の肛門が小さすぎて、先端を入れる行為だけで痛がった為に断念し、その後は、一度もしようとはしていなかった事を思い出しました…。

彼女はボビーの繰り出す中指の動きを感じ…ビクッ!!!と…全身を飛び跳ねるようにして、ボビーを振り返り叫びながら…自分の肛門を弄っている、ボビーの手首を右手で掴もうとしたのです…。

「ダメッ!!!そこは無理ぃ!!!ホントに!!!!!いやッ!!いやぁーーっ!!!!!!!」しかし、彼女のその右手の手首は、ソファーで目の前に座っているジョージにガッチリ捕まれ引き戻されるようにして、彼女は身体ごと正面にむき直されてしまったのです。

そして、ジョージは続けて彼女を侮辱する事を言い続けたのです。

「今さら…暴れんなよ…!!!あんたは、ただの…スケベなヤリマン女なんだから…すぐ気持ちよくってさぁ…良い声で鳴き出すからさぁ!!!!」ジョージは自分の下半身に跨っている、そらの怯えた目を睨むように見つめ言い聞かせるように言いました。

そして…そらの身体をを密着させるように、グッ!!と自分に引き寄せて、舌の先を彼女の唇に差し込みました…。

「うぅぅーーーん!!うぅ??ん!!!」そらは、必死に首を左右に振って逃げるように…ジョージの両肩に左右の手を付いて、押しのけようと暴れ出しました。

しかし、ソファーに浅く腰を掛けたジョージの身体に、倒れかかった、そらの白い身体に、ジョージの筋肉質の両腕が、背中まで回されて抱きしめられる格好になり、二人の結合部分をさらにボビーに向かってさらけ出す結果になってしまったのです。

ボビーは、そらの肛門に中指を丸く動かし、皺を伸ばすように…丁寧にほぐし、マッサージを繰り返しながら、自分に背中を向けている、そらに向かって言いました。

「ホラ!!ソラサンノ ココ、ダンダン…ヤワラカク、ナッテキタ…ホラホラ!!ダイジョウブ!!ダイジョブ!!!」ボビーは、ソファーの二人に向かって楽しそうに言いました。

ジョージも、そらから唇を離して、怯えている彼女に言いました。

「ふふっ…ボビーはホントはさぁ…おま○こより…そっちが方が専門なんだよ!!ははは…大好物なんだよねえ?!?…ははは!!!」黒人2人は目を合わせてニヤニヤと笑い合っていました。

そらは二人に向かって叫び続けました…。

「いやぁっ!!!ダメッダメッ!!!!お尻は…イヤッ!!!!いやぁぁ?っ!!!ホントに!!!ダメッ!!!」そらは、ジョージからも逃げるように…身体を左右に揺すり始めました。

しかしジョージは、そんな、そらを正面から睨みつけながら、背中に回していた太い両腕をゆっくり彼女の下半身に下げていったのです。

そして、彼女のお尻の左右の膨らみを黒い大きな手で掴むようにして5本の指で広げ…ボビーに向けて、彼女の割れ目を目一杯、左右に開かせたのです。

それらの行為は、彼ら2人の無言の連携プレイのように…一連の流れが仕組まれた慣れきった動きのように感じました。

…そして、ジョージは彼女の白く柔らかいお尻を逃がさないように自分の両手でガッチリと固定すると……そらの目を見上げながら、自分の腰をゆっくりと上下に動かし出したのです…。

「ホラ…良い子だから…言うこと聞けよ…なぁ!?そらちゃん…??」年下の黒人モデルに身も心も支配されてしまっている今の、そらの膣は彼の肉棒の動きに敏感に反応してしまいました…。

「あっっ!!!!!!!!っジョージぃぃ!!!!あっっっあああぁ?ん!!!!!!いいぃぃ!!!」そらは、一瞬、顎を大きく天井に向けて突き上げて、女として心からの歓喜の声を上げていました…。

しかし…その後、彼女は自分の右手の人指し指をきつく噛みしめ、敏感になっている、自分の膣から全身の隅々に押し寄せてくる強い快感と必死に闘っているのです…。

この状況で、また、我を忘れて悶え、感じてしまっていたら、彼らの狙い通りに…黒人2人にアナルセックスにまで、持ち込まれるてしまうことが…彼女にも十分、解っていたからでしょう……。

「うぅぅん!!!いやぁ?!!!あんあん!はぁ???ん!いやぁ!!!あぁぁん!!!!」ジョージの繰り出す、肉棒のストロークの大きな激しいピストン運動にも、小さな身体で必死に耐え続けていました。

彼らに対する、彼女なりの小さな抵抗だったのでしょうか。

しかし、既に彼女は、十分過ぎるほど追い詰められていました。

そらは激しい勢いで再開された、ジョージの大きなピストン運動により、とんでもない快感が、いきなり脳天を突き抜け、全身を駆けめぐってしまったのでしょう…。

ジョージの唇に自分の唇を押し当て、舌を絡めながら、貪るようにキスを始めたのです。

「あぁぁ…奥に…あぁぁん!!!あぁぁっっっ!!!気持ちいい…あっ!!!あっ!!!あっ!!!あっ!!!」彼女は声を出すことすら難しいほど、ジョージの肉棒に責め立てられていました。

そんなそらを見て、ジョージは腰の動きに緩急を付けるように、ゆっくり動かし彼女の反応をみていました。

「はぁ?ん…ジョージのが当たってるのぉぉぉ…気持ちいいよぉ!!!!ジョージぃぃぃ!!!そらを…もう一回…イカせて!!!!」そらは、愛しい恋人と愛し合っているように、うっとりとした表情で、彼を見つめ呟くように言いました。

しかし、そんな彼女が突然叫びました。

「あっあっっっっっっ!!!!ダメーーーーッ!!!!ボビーーーーッッ!!!!いやぁーーーっ!!!!」その声を聞き…僕は視線をゆっくり、そらの背中から下半身に移していきました…すると、今までは、そらの小さな肛門を指先で、マッサージするようにしか動いていなかった、ボビーの黒く太い中指が…今は、第2間接の辺りまで、そらの肛門の中に差し込んまれていたのです。

「あぁあ…うぅぅぅぅ…あっ…いやぁッッッ…」ジョージに再び突き上げられた、そらは膣への強烈な刺激に夢中になり油断をしたのでしょうか…??しかも…ボビーが塗った誘淫クリームの効果と滑りで、ボビーの指は、そらの肛門に滑り込んで行ってしまったのです…。

そして、ボビーはその中指をゆっくりと抜き差しを始めました。

「あ゛ッあ゛っっっっ…うぅぅうぅうううう…」そらは、僕が今まで聞いたことの無いような…おなかの底から絞り出す様な声を出し、瞼を閉じて、自分の下唇を噛みしめ苦痛と闘っているようでした。

「ソウソウ、チカラヌイテ…ソラサン…ソウ!!ソウソウ…」ボビーは、自分の中指の感覚を確かめるように彼女のお尻をのぞき込み、そらの左の太股を撫でながら彼女に向かって呟いていました。

ジョージは、自分の目の前で肛門からの苦痛に耐えている、僕の彼女の顔を頭を左右に傾げながら楽しそうに、のぞき込み両手で彼女のお尻の割れ目を、左右に開きながら言いました。

「あれれ!?ボビーに…指を入れられちゃったのかなぁ!?はは!!!入れられちゃったみたいだね!?」そらは、目をきつく閉じたまま…声を出すことが出来ないように小さく何度も頷きました…。

「どう!?お尻の方も気持ちよくなっちゃったかな!?ヤリマンのそらちゃんは??」ジョージの言葉に反応するように、そらは頭を左右に振りながら言いました。

「無理っ!!イタイィィ…お願い…イヤッ!!!あっ!!!いたいよぉ…動かさないでぇ…あぁあ…お願い…」彼女は涙声になりながら、2人の黒人達に訴え続けていました。

しかし2人は、そんな彼女の悲痛な訴えも、完全に無視して、自分たちの思い通りに僕の彼女を弄びはじめたのです。

「じゃぁ…こっちの方だけに…しといてやろうか???ねぇ???ねぇ???」ジョージは、そう言うと彼女のお尻と掴んでいる、両手で下半身を固定するように押さえつけながら、自分の腰をソファーのクッションを利用して、下から激しく突き上げ黒い肉棒を彼女の膣に突き刺したのです。

「あっっ…!!!!あぁぁぁぁんんん!!!」そらは、また甘い歓喜の叫び声を上げました…。

「ホラ!!気持ちいいだろ??スケベな…そらは、俺と…毎日…毎日…こうして、おま○こ…したいんだろ???どうなんだよ???!!!ホラ!!!ホラ!!!ホラ!!!すぐに!!イカしてやるからな!!!!」そらは、ジョージの激しい攻撃によって…またしても完全に追いつめられた状態に陥り、声を出すことすら出来ずに、彼に跨り激しく喘ぎ続け…ジョージのブルーの目を見つめ何度も大きく頷いていました。

そして、僕はそんな激しい動きで貪るような、セックスをしている二人とは別に、まだ彼女の肛門に興味を持っている、ボビーのことが気になり彼の指先に視線を送りました。

すると…ボビーは相変わらず、彼女の肛門に中指を差し込んだままだったのです…。

しかし、その中指は、ジョージの激しい腰を上下運動によって、小さな身体ごと突き上げられている彼女の肛門の中に…容赦なくズブッ!!!ズブッ!!!!と激しく抜き差しされ続けていたのでした…。

今の…そらはあまりにも、ジョージの肉棒による、あまりに強烈な膣に対する刺激を受けていることで…ボビーの長い中指の全体が、すでに…自分の肛門の中に全部が収まって…しかも、ピストン運動と同じリズムで、その指が肛門を広げて激しく抜き差しされていることには、まったく気が付いていないようでした。

すると、ボビーは一旦彼女の肛門から中指を抜いて…再びテーブルの上に置かれた、例の誘淫クリームを取り上げようとしました。

そのときに、彼を見ている僕の視線を感じたのか、僕を見ました…。

ボビーは、彼に飲まされたドラッグに依って、まだ全く動けずに虚ろな目で彼らの傍若無人な行動を見せられている、僕に向かって白い歯を見せて笑いかけてきました。

そして唇の前に人差し指を立てて、「シーーッ」と言って…自分の右手の中指にそのクリームを塗り、同時に薬指にも同じ量を付け親指を使って2本の指にクリームを馴染ませたのです。

その指を僕の方に向けながら…僕の耳元で囁きました。

「モウ…ダイジョウブ!!!!ソラサンヲ、イタクシナイ、ダイジョウブ!!!!ソラサンノ、オシリハ、タクサンヨリ、サキニ…オレガ、イタダキマス!!!!」そう言うと…ボビーは振り返って背中を向けて、激しく悶え続けている…僕の彼女の背後にゆっくりと近づきながら、黒い巨大な肉棒で彼女を犯し続けている、ジョージに対しても…その2本の指を見せながら、ニヤニヤと笑い、そらのすぐ後ろに、しゃがみこみました。

そして、ジョージに突き上げられながら喘ぎ続けている、彼女の多少、ほぐれたように見える、小さく口を開いた肛門を、再度やさしく撫で回し始めました…そして、動きを止めたかと思うと…その2本の指を上下に重ねる様にして…肛門に対して垂直にし、グググッッ!!!と力を入れて、彼女の肛門を押し開きながら…ゆっくりと差し込んでいったのです…。

「あっっっ!!!!あーーーーーーーッ!!!!」先程までは、中指が自分の肛門に挿入され、しかも出し入れをされていることには、全く気付いていなかった彼女でしたが、さすがに2本の太い指を肛門に挿入されたことには、かなりの違和感と圧迫感を感じたのでしょう…。

しかし、ボビーが言ったとおりでした…。

意外にも、その2本の黒い指は、僕が想像していた以上にすんなりと彼女の肛門に収まってしまったのです…。

彼女は膣を犯されている快感が強すぎるために…肛門に対する刺激が鈍感になっていたのでしょうか…??これも今まで、この黒人2人が日本人の女性達を、そらと同じように犯して続けてきた経験から得た、ずる賢い知恵だったのかも知れません…。

ボビーは、そらの中に挿入した2本の指を、そのまま手首を左右に捻りながら、時計回り…そして反時計回りと…かき回し始めたのです。

「おおおおっっっ!!!スゲェェ!!!!とうとう…入ってきたねぇ??おおおっ!!!スッゲーいい感じ!!!!!」ジョージは、そらの肛門に差し込まれたボビーの指が、膣に挿入している自分の肉棒と、そらの膣内の薄い粘膜越しに擦れ合うのを敏感に感じとっていたのです。

「うぅっうっぅぅぅぅうう…あっあっ!!!…はあああああ…あぁぁぁぁぁ!!!!」そらはショートカットの髪を揺らしながら、声にならない声を出し膣と肛門の2つの穴から伝わる、彼女の人生の中で…今まで感じた事の無い、強烈な刺激に必死に耐えていました。

「ははは…ボビー!!もう十分だよ!!!そらは…いけるよ!!!!!準備オッケーだよ!!!!!!」ジョージは、腰を上下に振りながらボビーに向かって言いました。

ボビーもジョージと目を合わせ歯を見せて、頷くとゆっくり振り返り僕の方へ、歩み寄りながら言いました。

「タクサンハ…ココデ…ミテテネ!!!イイモノ、ミセルカラ…!!!」ボビーは、僕の身体を持ち上げるようにして、ソファーに横になるように倒しました…。

そして、クッションを枕のようにして横を向かせたのです…。

すると、ジョージも、そらの膣内に黒い肉棒を差し込んだまま、ソファーの背もたれから、自分の上半身を横にずらしてソファーに寝そべりました。

…そして、股を開くようにして、むき出しになっていた、そらの膣と自分の肉棒の結合部分を僕の方に見せつけたのです。

そうすることで、そらとジョージの結合部分が、僕の目と鼻の先に見えるようなアングルになったのです。

そらの膣もジョージの肉棒の抜き差しで、想像以上に…目一杯、広がっているのが解りました。

そして、ボビーに太い指を2本も入れられていた、小さかった肛門にも誘淫クリームが皺の間に塗り込まれるように付着していました。

「もっと…もっと気持ちよくなろうなぁ?そら……!!!」ジョージは、そらのお尻の左右の膨らみを黒い両手で掴み、彼女の下半身を自分の肉棒に打ち付けました…「あん!!あぁん!!!!」喘ぎ声しか上げることの出来ない彼女の背後に立ったボビーは、誘淫クリームを、再びたっぷりと指先に出すと…それを自分の黒い肉棒の先端から、太いシャフト部分に右手を使って広げながら塗りつけて居ました…。

僕には、その大きな黒い肉棒が、そらのどこに入れられるのかは…解っていました。

自分の右手で肉棒を奮い立たせるように、シゴキ上げながら僕を見ていたボビーは、ゆっくりとお尻を自分に向けている、そらの背後に近づくと片方の膝をソファーに付き、片膝を立てて、彼女のお尻の高さに自分の肉棒を合わせました…。

大きなボビーの動きを感じとった、そらは振り返り…ボビーを泣きそうな目で見つめていました。

そして…ボビーが右手で、しごいている黒い肉棒に目を落としながら言いました。

「あっっ!!!いやぁ…怖い…あん!!!怖い!!!!お願い…怖いよぉ?あぁん」そらは、ジョージのピストンを受けながらも…必死に最後の哀願をしました。

すると、彼女の下からジョージが、彼女の背中に黒い両手を回して、自分の身体に引き寄せるようにして、彼女の胸を密着させて…そらの前髪を後ろへ撫でつけながら言いました。

「そらは、ただ俺と…気持ちいい…セックスしてれば良いんだって!!!なぁ!?…ボビーは勝手に、そらのアナルを…使うだけだからさぁ…そらは、ボビーにはスッゲ?感謝してんだろ!?」そう言って、恋人同士のように…見つめ合い、彼女の唇を自分の唇で覆いながら舌を絡め始めました…。

そらも、ついに観念したように目を閉じて、ジョージの舌に自分の舌を絡めるように舐め始めました。

ボビーは、自分の肉棒を右手で擦りながら…そらのお尻に手を当てて、黒い肉棒の先端の亀頭の部分を、そらの肛門に押し当てました…。

彼女は、一瞬ビクッ!!…と驚き、身体を跳ね上げました。

するとジョージも肉棒をゆっくり抜き差しを始めました。

そらのお尻の高さに自分の肉棒を合わせるようにして、ボビーはゆっくりと自分の腰に力を入れるように、肉棒を押し込み始めました…。

「うぅぅぅ…!!!!うううううんん!!!」そらは、顔を上げようとしましたが、ジョージに抱きしめられているために動きが取れずに、振り返ることも出来ないままでした。

ボビーは黒い肉棒の根元を掴んで、そらの肛門を広げるように擦りつけながら…腰を徐々に前進させて行きました。

そして…そらのお尻に両手を当てて、割れ目を左右に大きく開くように押さえつけると…グッグッッ!!!と自分の身体ごと前に押し出していったのです…。

すると…誘淫クリームで滑りの良くなっていた…ボビーの大きな黒い亀頭が、ズブッッッッ!!!っと、そらの小さな肛門を目一杯に押し広げながら…その中に収まってしまったのです。

「Ohooo!!!!!!!」ボビーは、今までで一番興奮したように声を出しました…。

それに併せるように…そらも口を開いて反応しました。

「あっっっっっ!!!!!!!イヤッ!!!!」そらは、生まれて初めて…肉棒で肛門を犯されてしまった…あまりのショックの為なのか…それ以上、声を上げる事も出来なかったようです。

しかし…そらは苦痛の叫び声を上げる訳でもなく…痛みをこらえているようにも見えませんでした…。

しかし…ボビーは、自分の肉棒で、彼女の小さな肛門を犯すために…そらのウエストを両手で掴むようにして…ジリジリと腰を前に進めていったのです…。

「あーーーあッッッ…イヤッ!!!あぁぁ…ヤッヤッヤッ!!!ああ…ああ…ああ…」そらは、ボビーの肉棒が肛門を押し広げながら進入してくるのに合わせるように、声を震わせながら…小刻みに叫び続けていました。

するとジョージが、そらの身体を挟んで、目の前にいるボビーに向かって言いました。

「おおおおっと!!!ボビーさん!!!ついに…!!!そらちゃんの…アナルの中にお邪魔しちゃったね?!!!どうですか!?そらちゃんの…アナルのお味は???」僕の位置からは、ボビーの引き締まった黒い睾丸の先に…皺を伸ばし切られて、目一杯に広げられている、そらの肛門に彼の黒い肉棒が、徐々に埋め込まれて行く様子がハッキリと見えていました…。

そして、その下に見える彼女の膣の中には…下から突き刺さるように…ジョージの肉棒が差し込まれているのです。

僕の視線の目と鼻の先で…大切な彼女が、ついに…黒人達の2本の巨大な黒い肉棒によって、前後から串刺しにされてしまったのです…。

「オオオオッ…!!!!ソラサンノ…オシリノナカモ…サイコウ!!!」ボビーも自分のお尻の筋肉を締め付けながら、呟きました。

「あぁぁ!!!ああっ!!はぁ…はぁ…ああっ!!ああ!!!はぁ…ああっ!!」そらは、ジョージの胸に顔を埋めるようにして…彼女が今まで感じたことのない…強烈な肛門への圧迫感に、必死になって耐えているようでした。

彼女は赤く上気して、全身から一気に汗が噴き出して来たように感じました…。

ジョージが顔を上げて、自分の胸に顔を埋めている、そらをのぞき込みながら言いました…。

「ははは…はじめての癖にボビーのを…すんなりくわえちゃったの!?やっぱり…そらは…そっちを使う素質も…あるんだなぁ!!!きっと…。」彼女は、ジョージやボビーの言うことに、反応出来る状態では無かったようでした。

ただ、ジッとされるがままに…塞がれた2つの穴からの圧迫感に耐えることしか出来なかったようです。

そして…ジョージが続けました…。

「これが…3Pなんだよ!!!!そら!!!気持ちいいだろ???俺たちと3人で…そらが…一生忘れられないくらいに…気持ちよくなろうぜぇ…なぁ…!!!ははは…」そらの腰は、下からジョージに…後ろからボビーに押さつけえられていました。

そして、ジョージは、そらの腰を持ちながら、ゆっくりと自分の腰を上下に動かし始めました…。

僕の目の前で…黒い肉棒が出たり…入ったりを繰り返し始めました。

「ああぁ…!!いいぃぃ!!!あぁぁん!!!あぁぁぁん!!!」そらは、条件反射の様に…膣から全身に伝わる強い刺激に、喘ぎ始めました。

昨日までは、僕は彼女のそら(仮名)と仲良く、いちゃつき…じゃれ合っていた、彼女のお気に入りだったソファーの上で、今…彼女は、生まれて始めて男の肉棒に依って、自分の小さな肛門までも犯されてしまっていたのです…。

まさか、こんな悪夢の目に逢うなんて思ってもいませんでした…。

僕たちの部屋の中は、男の女の生殖器が放つ淫猥な香りで満ちていました。

黒い肌で、筋肉隆々の大柄な男達は、彼女自身の腕の太さと変わらない程の…2本の黒く巨大な肉棒で、僕の彼女を今も…犯し続けていました。

ぼくの彼女である、そらは、女性特有の…しなやかで柔らかな肌を持つ小さな身体を、すでにピンク色に上気させ、顎を高く突き上げるように…大きな叫び声を上げつづけていました。

「あぁぁんんんん!!!!あぁん!!!!あぁッッッん!!!!あっあぁん!!!!あぁん!!!!あぁん!!!!」そして…僕の肉棒ですら、まだ挿入することが出来なかった、小柄な…そらの皺の寄った小さな肛門に対してボビーという黒人は、自分のその肉棒を突き刺していたのです。

この大柄なアメフトの経験を持つボビーの…男が見ても恐ろしく太く、大きな肉棒を彼女の肛門に挿入することが出来たことも…僕にとっては、信じられない程の強い衝撃だったのです。

それは…今までに何人もの日本人の女性達の肛門を奪い…犯し…汚し続けてきたこのボビーという黒人の淫らな経験から来るものなのだったのでしょうか…。

そして…もう一人の男は…僕が意識を失っている間に、この部屋に訪れた…ジョージという20才そこそこの若い黒人でした。

ジョージは…背中に大きなコブラのTattoを入れ、耳に3つ…左の乳首にも一つピアスを付け、ブルーのカラーコンタクトを入れたモデルをやっているかなりのイケメンの黒人でした…。

この若い黒人にも彼らに、無理矢理に感じさせられ、彼女は太股に垂れる程に大量の愛液で濡らされている、ピンクの女性の穴を激しく犯されていたのです。

僕の彼女は今日、生まれて初めて…黒人男との3Pを経験し、そして、そのすぐ後には…肛門と膣を同時に犯されるという体験までしてしまったのです…。

…そらは、そのジョージという自分より若い黒人のサソリのtatooが入っている、厚い胸に自分の頬を付けながら叫び続けていました…。

犯され続けている、彼女の膣の周りは、ジョージがこの部屋に訪れる事が決まった後に…彼とのセックスを想像し想定した彼女が、ジョージの為に、彼の好みだとボビーから聞かされた彼女は、そんな「むき出しの割れ目」になるように…自らシャワールームで、膣の周りのむだ毛を剃り落とし、少女の様なツルツルの割れ目に処理をしていたのです…。

そして、始めて体験する肛門からの信じられない圧迫感と闘っているように眉間に皺を寄せ額に汗をかき、きつく両目を閉じて叫び続けていました…。

「イヤーーーーッ!!!あああああああ!!!!ダメッッッダメダメェェェェ!!!!!!」そんな…自分の彼女の状況にも係わらず、僕は…といえば。

大切な彼女を守ることも出来ずに、目の前で黒人達の好き勝手に犯されて、おもちゃの様に扱われている光景を見せら続けていても…ボビーに飲まされた薬の効き目が続いており、指の一本も動かすことが出来ずに…ただ、痺れる様な感覚のまま、ジッとしているしかありませんでした…。

まさに、地獄の様な…とてつもなく長い時間だったように感じました…。

そして…また、セックスに対して奔放的で楽観的な考え方を持っていた彼女自身も…今の状況では自分の身体に襲いかかってきている、始めての…想像を絶する強い刺激に対し拷問でも受けている様な錯覚に陥り…きっと、後悔し続けていることでしょう…。

そして、そんな彼女に対して、僕は毎日の様に、その豊満でしなやかな身体を求め続け、彼女自身も、僕の要求に逆らう事は一度も無く、二人だけの愛し合う行為を楽しみ続け、彼女に対してセックスへの強い興味や快感、愛撫の仕方などを、身をもって十分に教え込んできたのは、僕自身だったのです。

そんな自負にも似た、僕の意識と、僕と彼女の昨日までの関係など全く無視して、この2人の黒人達は、誰にも…何の遠慮も無く、彼女の身体を弄び続けていたのです…。

若い黒人ジョージは自分の目の前で苦痛に耐えるように…叫び喘ぎ続けている、彼女の顎を右手で掴んで縦に開き、その唇に自分の唇を押し当て…長い舌を差し込みながら、彼女の小さな舌と絡め合わせようとしました…。

「ホラ!!!舌…出せよ!!!!ホラ!!!」激しく喘ぎ続けている彼女も、そんなジョージの行為に従順に応えようと、小さな可愛い舌を必死に伸ばして、上下左右に動かしはじめていたのです。

そんな、彼の行為など、無視して、そらが一刻も早くこの場から逃げ出してくれれば良いのに…!!!と、自ら動くことが出来ない僕は、心の中で何度も思い続けながら、この淫猥な光景を見つめていたのです。

この黒人達と唇を合わせる義務もなく、自分から拒む権利を持っているのは、彼女自身だったのです…。

しかし、今の彼女には…そんな強い意識を期待は出来ない事も僕は理解していました。

それは、しばらくぶりに逢うことが出来た、愛おしい人と…愛し合っているかのような意識の中で、僕にはこの黒人達と行為を続けているようにさえ見えてしまいました。

そらが愛している人は、昨日までは…僕だと信じていました……。

そんな、哀れな事を考えている間にも彼女の肛門を黒い肉棒で犯している、巨漢の黒人ボビーは、自分の肉棒を強く締め付けてくる、彼女の小さな肛門内の感触に酔いしれているように…顎を上に向け突き上げ、厚い唇を開きながら気持ちよさそうに…歓喜の声を上げていました。

「Ohooooooooooooooo!!!!!」黒い肌の全身に、うっすらと汗をかいたボビーは、そらの肛門の「ヴァージン」を奪い、こじ開け…。

なおも彼女の肛門の中の強い締め付けを巨大な肉棒で楽しむと、今度は彼女の柔らかな、白いお尻の割れ目を左右に開くように黒い両手で支えながら自分の腰を引き、彼の全身よりも一段と色素が濃く真っ黒な肉棒を、彼女の肛門からゆっくり引き抜き始めたのです…。

ボビーの強靱で裏筋の大きく張りだした太い肉棒が、彼女の肛門からゆっくりと抜けだしてくるのが、僕の目にもハッキリと見えました。

それと同時に、そらも肛門から押し寄せてきていた、今まで感じた事のない強烈な圧迫感から、一時的に開放されたように、おなかの中から絞り出すかのように声を出しました…。

「はぁっっ??ははあっぁぁぁぁああぁぁぁぁ…」彼女は、ジョージの唇から自分の唇を離して、両肩を揺らし深く大きく息をするようにして…ゆっくり呼吸をしていました…。

しかし、ボビーが左膝をソファーに立て膝にして、抜き出したばかりの肉棒を再び、彼女の肛門に目がけて、ゆっくりと押し込み始めると…彼女は、再び86センチの弾力のある美乳を、ジョージに向かって突き出すように背中を反らせて顎を突き上げて叫びました…。

「ダメッ!!!!!あッッッッッッッ!!!!!!!!あぁっっ…あぁぁッッッッうううんん!!!」子供のゲンコツよりも大きな真っ黒い亀頭が、再び彼女の肛門内の肉壁を削り取るように体内に押し込まれて行きました。

彼女は部屋中に響き渡るような…悲痛な叫び声を上げました…。

そして、さらに肛門の深くまで差し込んでいくボビーは、彼氏の僕ですら挿入したことがない、生まれて始めて男の肉棒を受け入れる…彼女の肛門の感触を楽しみながら嬉しそうに声を出しました…。

「Ahaaaaa!!!!!!スゲェェ?!!!!マジ!!!!シマッテルゥゥゥ!!!!!サイコー!!!」そして、彼は舌舐めずりをしながら視線を下に落として、自分と彼女の結合部分を淫猥な視線で凝視し、彼女の58センチの細いウエストを、手のひらだけが白い両手で掴みながら、腰を前にゆっくり進め続けていました。

彼女は、右手でボビーの太股を押させるようにしながら、身体を振るわせ首を左右に大きく振り涙声になりながら叫びました。

「あぁーーーーーんんん!!!ダメッ!!!!ダメッ!!!!ダメッ!!!!もうダメッ!!!!お願いぃぃぃ!!!!!あぁぁあんん!!!!!」彼女は目の前で、自分のその切羽詰まった様子を見ながらも…悪びれず、ニヤニヤとニヤついている、ジョージの青い目を涙目で見つめながら必死に哀願しているのでした…。

背後から肛門に進入してくる、ボビーの肉棒の圧力から逃れようとして、彼女は無意識のうちに小さな身体を、上へ上へと…ずり上げていました。

しかし、そんな彼女の動きを、この黒人達は許すはずも無く…。

そらの小さな身体を…年下の黒人ジョージが両手で押さえつけながら言いました…。

「泣きそうな…顔するなよ!!!そらちゃん…初めは、みんな…痛がるんだよ…でも、その内さぁ、あんたみたいなスケベな女は…すぐに、気持ちよくなって…泣いて喜ぶようになるからさ!!!!」そう言うと…若いイケメンの黒人は、そらの両肩を脇の下から手を回すようにして彼女の身体を抱くとガッチリと押さえつけたまま、彼女の膣の最深部に刺さっている、自分の肉棒をソファーの反動を使いながら、いきなり激しく強く抜き差しを始めたのです…。

小さな、そらはGカップの美乳を大きく揺らしながら前後に動き出しました。

「あッッッあああ!!!ジョージぃぃ!!!!!!!!あぁぁんんん!!!!あッッッ!!!!ジョージぃぃぃあぁぁぁんん!!!!!あッッッ凄いよぉぉぉ!!!」「ホラ!!!はぁ…俺の…ちんちんも!!!!!好きなんだろ!?はぁはぁ…気持ち良いんだろ!?はぁはぁ…」すでに、ジョージの形の良い…巨大な肉棒によって身も心も十分に狂わされてしまっている、ぼくの大事な彼女は膣からの強い刺激に、すぐに反応し激しく首を上下にして、頷くような仕草をしながら、より一層大きな声で喘ぎ出しました…。

彼女の小さな白い身体を前後から挟むような格好で…黒い肌の2人の大男達が生殖器を擦り合わせるようにして必死に快感を貪っているのです…。

こんな、物凄い光景を目の当たりにしていると…。

自分の子孫繁栄ために一匹のメスを、二匹の雄が激しく奪い合いながら「交尾」しているような、人間の行為とは思えないほどの、とんでもなく、「えげつない」光景に見えていました…。

そして、今日のこの行為を、黒人達に許してしまった、自分自身を深く悔やみ続けていました。

実際に、そらは今日…僕の友達のリョウに写真で見せられていた、ベッカムに似たイケメンの白人男性に抱かれるつもりでいたのです…。

そして…彼女自身も騙された格好で、出逢った当初は当然のように、「黒人」に対して…強い感情で嫌悪感を隠していませんでした。

しかし…その黒い肌の男が持つ想像を絶する巨大な肉棒と日本国内では、決して手に入れることが出来ないほどの、強烈な効き目の誘淫剤を使われたことによって、今までに、彼女が感じたことの無い。

僕が感じさせる事が出来ないような「快感」を味合わさせられてしまったのです。

そして、白人の男に抱かれてみたい…という感情も、騙された事に対する怒りも忘れ…今はただ、メスの持つ本能のままに、快楽を貪るだけの女に仕立て上げられてしまったようなのです。

そして、ほんの数時間の間にも係わらず、既に、何度も、深く強烈なエクスタシーを無理矢理に感じさせられ、欲望が理性を吹き飛ばし…身も心も弾けるほどに狂わされてしまったのです。

「あっっっっ!!!あぁぁぁんん!!!あぁぁぁぁああぁ!!!!」「Ah?aaaaaa!!!!!!」「おおおっっっ!!!!スッゲェェー気持ちーーーいい!!!!!ボビーの…裏が!!!!俺のと…ごりごり擦れてるよ!!!!同じ穴に…2本とも突っ込んでる見てぇぇ!!!マジで!!!気持ちいーーーッ!!!」彼女の叫び声に吊られるように…二人の黒人も同時に歓喜の声を上げました…。

それも、そのはずです。

僕の目の前で抜き差しされている、2本の巨大な黒い肉棒は、距離にして1センチほどしか離れていない…そらの「膣」と「肛門」の中へ、同時に激しく抜き差しをされ続けていたのです。

二人黒人の引き締まった黒い睾丸はお互い触れ合いながら、前後に動き続けていました。

そして、この二人の黒人は、いかにも慣れた腰つきで…僕とそらの意志とは全く関係なく二人のリズムを合わせるようにして、楽しみながら彼女の2つの穴を同時に犯し続けていました…。

ジョージは、そらの目を青い目で見つめながら言いました…。

「はぁはぁ…3人で一緒にハァハァ…感じるんだぜ!!!3Pって最高だろ!?はぁ…そら!?」そして…しばらく、そのえげつない光景が続いていると、彼女の皺の寄っていた小さな肛門までもが、悲しいかな…明らかにボビーの肉棒のサイズに慣れて来ている事が、見ているだけの僕にも理解することが出来ました…。

さすがに、ボビーの巨大な肉棒の全体を小さな肛門内に全て納める事は出来ないものの、彼女を後ろの穴を犯しているボビーの前後運動は、挿入当初より確実に…滑らかで確実な動きになって来ていることを感じました…。

「はぁはぁ…そらの好きな黒いちんちんが!!!2本とも!!!!!はぁはぁ…入ってるんだろ!?どうなんだよ?…はぁはぁ…」ジョージは、激しく彼女の膣に肉棒を打ち付けながら、そらに聞きました…。

「あっっっ!!!あぁぁぁぁぁ!!!ダメッ!!!!…変!!!イヤッ!!!!両方…あぁぁぁぁ!!!!!!あぁぁ!!!」彼女は、口も半開きの状態のままで…意識も朦朧としているように見えました…。

「ははは!!!すけべな…そらのからだ全体が、おま○ことアナル…になっちゃった感じなんだろ!?…そうやって!!!!女は、みんな…狂って行くんだよ!!!!そらも!!!!早く気持ちよくなっちゃえよ!!!!」ジョージは、自分の腰の動きを押さえ…彼女の意識と感覚が、肛門で抜き差しされている、ボビーの肉棒に行くように…彼女をのぞき込みながら言いました…。

彼女も…ブローし整えられていた、ショートカットの前髪が汗をかいた額に、貼りついているのも、意識にはないように頭を前後に振りました…。

そして、全身の快感に乱れまくり、ジョージの身体に何度も確かめるように抱きしめながら…大きな声で喘ぎ続けていました…。

「あぁ??ぁぁん!!!はぁあぁぁぁんんん!!!!もう…!!!!あぁぁぁぁぁぁんん!!!!!!!」両目を、きつく瞑りながら唇を噛んだり、開いたりしながら喘ぎ続けていました。

僕の聞き慣れた、彼女の喘ぎ声の変化に僕だけは気が付いていました…。

それは、彼女が徐々に…性器で快感を感じて来たときに発する「女の声」に変わって来ていることでした。

ボビーの動きは、一定のリズムを保ち、至って静かに、緩やかに慣れた動きのように見えました。

そして…彼女自身の動きについても、いつの間にか…逃げるようにしていたボビーの肉棒によるピストンを、素直に受け入れるかのような動きになっていました…。

ボビーは腰の動きを止めて言いました…。

「…ソラサン…モウ…イタクナイヨネ…!?」ボビーは、彼女の背後からソファーの背もたれに片手を付き…背中から汗を垂らした黒く大きな身体を、彼女に預けるように覆い被さりながら、そらの耳元で言いました。

彼女の身体は、柔らかな美乳を強くジョージに押しつけるように…完全に黒い二人の男にサンドイッチにされ挟まれる格好になったのです。

ボビーの声を聞き…そらは、眉間に皺を寄せながらも、うっすらと両目を開き言葉を発することが出来ずに…自分の身体にのし掛かる近づいて来る、額と頬に汗をかいたボビーの顔を振り向くようにして、彼を見つめながら、首を上下に振り続けていました…。

そして、ボビーがゆっくり肛門へのピストンを再開しました…「あっ??ぁん!!!!はあっっぁぁぁん!!!!あぁん!!!!はぁぁ???あああぁぁぁん!!!!」そらは、ボビーの大きな腰の前後運動に合わせ…すでに歓喜の声で喘ぎ始めてしまっていることに、僕以外の全員が気付いた瞬間でした。

これまでに…何十、何百人もの日本人女性達の肛門を犯してきたと言う、ボビーには…そらの肛門の小さな変化も敏感に感じ取ることが出来たのでしょう…。

「へへへ…コッチノ…アナデハ…オレト…ユックリ…タノシモウネ…」動き続けて、さすがに全身に汗をかいたボビーは、狭いソファーの上でバランスを取りながら、背後から彼女の首筋に自分の長い舌を這わながら言いました。

すると、僕の彼女もゆっくり頷き、そのボビーの言葉に反応するように右手を、ボビーの太股から離して、後ろに回しながらボビーの汗で光る太い首に回し、太い首筋を撫でながら…ボビーの舌の動きにまで、酔っているように…うっとりと目を閉じて官能的な表情を見せ始めたのです。

「ボビーぃぃぃ…はぁんん!!!お願いぃぃぃ…うぅぅぅんん!!!!優しくしてぇ…あっっっっぁぁぁんんん!!!!ボビーぃぃぃ…優しくしてぇぇ…あぁぁぁんん!!!!ぁぁぁぁぁぁ…」ボビーは、彼女の耳をピンクの舌で舐めながら、自分の大きなお尻だけを器用に…そして、ゆっくり前後に振りながら肉棒を、そらの肛門に抜き差しを続けていきました…。

そして…あれだけ強く肉棒の進入を拒み続けていた彼女の肛門と…。

ボビーの巨大な肉棒が肛門に突き刺さる事を心の底から恐れていた…そらの意識は、このボビーという黒人に依って見事に、こじ開けられてしまったことを確信しました。

そして、ついにはボビーの肉棒による肛門への、大きな一突きごとに、彼女は「女」として…完全に感じ始め…喘ぎ声までを上げて始めててしまっていました。

【おすすめ動画】巨根にイカされまくる動画で特に人気な5作品

【おすすめ体験談】就活中のサークルの先輩(彼氏持ち)を18センチの巨根で寝取る【名作】

【おすすめ体験談】内定者研修でGカップ巨乳の同期を18センチ巨根で寝取る「彼氏より大きい!こんな奥まで届かないもん!」