女子高生の妹の友達にデカチンを見られた「えー、すごい」


圧倒的に可愛い女の子が多い!PCMAX(18禁)


女子大生、CA、看護師など・・・ラブ

寝取られ、浮気、ナンパなど・・・抜ける動画なら アダルトシティ

粗チン男子よ、これが現実だ・・・
女の子はデカチンが大好き

女子高生の妹と妹の友達二人に勃起したデカチンを見られ、二人に興味を持たれてしまう話。

妹の部屋がうるさかったんだ。
たまに学校帰りに友達連れて来てるんですけど。
 
俺は夜勤もある仕事してるから、昼間家にいることはよくある。寝てたりする。
2つ下の高2の妹はお構いなく隣の部屋で騒ぐ。
 
注意しに行こうと思ったのさ。
妹の部屋はドアが半開きだった。
閉まってたらもちろん、ノックはするが、開いてたから。
ドアから顔だけ、部屋に入れて覗き込む感じで。
 
「うるさいよ~」
 
「ひいー!ぎゃーす!兄ちゃん起きてたのぎゃーす、ぎゃーす!」
 
わけのわからん叫び声を上げた妹、友達は2人。
なぜか3人とも、上半身ブラジャーだけ、白!白!水色!
 
あわててクロスハンド!で胸を隠す3人、うっほう、すまん、バタン、ガチャ。
 
自分の部屋に戻った。
エライもん見ちゃった、どっきどき童貞の俺。
寝れんがな、ぼっきぼき勃起、どうするこれ。
 
妹とは割りとざっくばらんにエロな話とかできるし、風呂上りの下着姿くらいなら見たコトある。
妹にむらむらしたことないんだが、友達2人の見ちゃったからな。
顔を合わせたことはあるがその時はまだ名前は知らない。トモコ、ダチコにしておく。
 
トモコは幼児体型っぽくて小柄で、正直そそる体じゃないが、顔は抜群にかわいい!
ダチコは顔は好みじゃないが、チラ見した限りでは大きいおっぱい、ぼよんぱい。
 
いいなあJK、かわいいよJK!
夏の暑さが大胆にさせたんかなJK!
 
ちんちん勃起、しょうがない、オナニーするぜ、しゅっすこしゅっすこ。
おっと待て、どうやらこの騒ぎで帰ることにしたんだろうか、隣の部屋がどたばたしてるぞ。
オナニーはもうちょっと後にするか、ちんちんは仕舞って、と。
 
と、ドアがガチャリ、やべ、鍵掛けてない。
「兄ちゃんさっきアレちょっと…ひいー!ぎゃーす!ぎゃーす!」
 
ノックしろよおめー。
ベッドに横になってて、間一髪ちんちんは仕舞ったあとだったんだが!
Tシャツとトランクスだけって格好になってた、しかも勃起ちんちんバレバレ。
 
妹の肩の後ろから覗いてる2人。
ダチコ「うわはー、ごめんなさい」
トモコ「もう行こうよ、おにーさんごめんなさい!」
 
あーあー、もう遊びに来てくれないかもなあ。
ブラジャー見られ、むさい男の勃起を目撃した家だぜ、しばらく来ないだろ。
かわいかったけどなー。
 
結局オナニー2回して寝て、飯食ってたら携帯に着信が、知らない番号で。
 
「もしもし…?」
 
《あ、妹子の友達のトモコって言いますけど、あの、さっきはすみませんあのその》
 
妹め、勝手に番号教えやがったらしい。
GJと言いたいとこだが、実は俺、最近彼女寸前の同僚がいるから変な期待はしてない。
彼女とは時間が合わなくてデートできないし、まだ童貞だが。
まあいいや。
 
「あー、こっちこそごめんねー」
 
《あのー、それでですねー、あのうそのう》
《(後ろでダチコの声が)もうトモコさっさとハッキリ》
 
《トモコ貸して!おにーさんトモコがねー、おにーさんに《ダチコちょっと、もー返して》
《おにーさんのあそこが《ダチコ!《ぎゃーす!》
《ダチコ余計なこと言わな《おっきくてびっくり《ダチコ!《ぎゃーす!》
《ああもう!《今度もう一回見せ《ダチコ!《ぎゃーす!》
 
プツ、プープー。切れた、何だこれ。
 
そして出勤前に妹が
 
「トモコから電話あったでしょー、よかったねえ、ついに彼女できるかもね、うぷぷ」
(妹は、俺の彼女(彼女手前)の存在を知らない)
 
「何言ってんの?変な電話はあったけど」
 
「あれ?何か言ってなかった?」
 
「ぎゃーすぎゃーす言ってた。それよりドア開ける前にノックしてなー」
 
…うーん、何か書くのがめんどくさくなってきたよ?
 
えーっと先に言ってしまうと。
 
トモコは最近社会人の彼氏がいたらしい。
エッチはまだ早い、怖いってことで拒否してたが、半ば無理やりやられそうになった。
 
そのとき彼氏のちんちんを初めて見て、あまりの小ささに吹き出してしまった。
小学生の従弟のちんちんより小さかったから。
悪いと思いつつ、意気消沈の彼氏を置いて逃げた。そのまま自然消滅。
 
俺のことは前から、ちょっとイイと思ってくれてたようだが、何よりちんちんが気になった。
何だよそれ、男はちんちんかよ。
 
まあとにかく、トランクス越しのちんちんのデカさに目を奪われた。
確かにデカい方だとは思うが。
 
トモコは妹に俺の電話番号を聞いて、謝りたいとかの口実で近づこうとしたらしい。
しかし本音は、思春期真っ盛りの性的好奇心に火が着いた!だったのだ。
が、どっちかと言うとノリノリなのはダチコだった。
引込み思案なトモコをけしかけて面白がってる感じだ。
 
妹はそれを知って、俺とトモコがくっついたら面白かろうということで。
積極的に協力はしないが、邪魔もしないというスタンスで。
 
そんな内幕を知らない俺だが数日後、2人のJKに恥ずかしい観察日記を付けられるのである。
 
 
トモダチココンビにとっては、あれは大興奮の刺激的大事件だったようだ!
男のちんちん!あれ私の裸で勃起ぎゃーす!うっひょー!どっきどき!って感じで
 
めんどくさいんで、いろいろ経緯書くのは省いて、と。
あの後も、電話で少し話をしてたら、ちょっと2人と仲良しに。
 
妹がいないのに2人で家に遊びに来た。
俺は夜勤に備えて寝てるつーのに。
JK2人を寝癖&スウェットで迎え入れ。
 
 
トモコ「おにーさん彼女いないんですよね」
 
俺「…いるけど」
 
トモダチコ「えー!話がちがう!ぎゃーす!」
 
これ迷ったんだが、正式にお付き合いしてないんで、彼女って言っちゃまずいんだ。
でも、いることにしといた方が、歯止めが利くと思ってさー。
 
ダチコ「あーあ、トモコどうする?」
 
トモコ「うー。ちょっとショック。路線変更かなあ」
 
好意を持たれてるのが分かって、嬉しいんだけどさ!
17歳、JK、妹の友達、犯罪、変態、浮気?とかいろいろ考えたらさ、積極的になれなくてさ。
せいぜい勝手に下着姿をオカズにさせてもらおう、程度だったんだよ、ほんとだよ!
 
トモコ「でも気になる!彼女どんな人ですかぁ」
 
俺「○歳で、あーで、こーで(無難な説明)」
 
トモコ「あの!エッチとかどんなですか!ちんちんおっきくてもちゃんと入るんですか!」
 
ダチコ「ぎゃーす!トモコ直球過ぎる、そうゆうのはもうちょっと、コンドームに包んで」
 
お互い下着姿目撃してるからかなー。
恥じらいながらも大胆なこと聞いてくるんだな!
トモコずっと顔赤くて、もじもじしてるもん、やべー、かわいいなあ、モエモエ。
 
あ、いきなりエロい話になってるように見えますが、普通の雑談もしながら空気が変わっていったのです。
 
さっきトモコが言った、路線変更、というのは。
彼女いない(と思ってた)俺に、トモコが凸してみる!って予定からの、路線変更。
大人のエロな話を聞き出す方向にチェンジってことだった。後で聞いた。
いやもともとそっちがメインだろ!って思ったけど。
 
妹の部屋で2人一緒なら、エロ話しても俺に襲われることはないって、高をくくってるんだろう。
その通り!俺にはそんな度胸も経験値もない。
 
それにしても、彼女いる=非童貞、って思い込んでるらしいぞ、どうする。
童貞っつったらガッカリされそうだなあ、せっかくのエロ会話も終わってしまうかも!
頼れるお兄さんを演じたいってのもあって、俺は、つい見栄を張ってしまうのだった。
 
俺「ま、まあ、ちゃんと濡れれば入るんだよ」
 
トモダチコ「へえー」「不思議。(ちらり)」
…俺の股間見るなら、もうちょっとさり気なくやれよ。それに今は勃ってねーし。
 
トモコ「あの、あの、彼女さん、しょじょでしたか…?」
 
俺「え?あ、あー。うん、お互い初めてで」
 
すげーてきとー。
ボロが出ませんように。
 
トモコ「しょじょでも、ちゃんと入るんですね、あんなおっきそうなのに」
 
俺「平均よりちょっと大きいくらいだよ多分」
 
ダチコ「えー、そんなもんなの、あれで」
 
ここで、先に書いた彼氏との話をトモコから聞いた。
ちょっと彼氏がかわいそうになったんだが。
 
俺「勃起して指くらい大きくなれば、一応使えるらしいよ、かわいそうに!」

トモコ「えー、でも、自分でちょっと指入れたくらいじゃ全然あっ」
 
ダチコ「…うわトモコ、それ1人エッチの話?やってんだ…」
 
トモコ「ぎゃーす!しまった、恥ずかしい…。って、どうせダチコもしてるくせに!」
 
ダチコ「私は知らないもーん」
 
トモコ「ずるい!おにーさんのバカー!」
 
俺「え、何で俺に」
 
ダチコ「そうだそうだ!あれもう一回、ちゃんと見せないと許せないよねー」
 
何だその理不尽な流れ!ああ、それが目的だったのか。
話の流れで、ちんちん出させるきっかけを待ってたんだな!
純情エロJKおそるべし!
 
でも恥ずかしいつーの。
 
俺「見せられるわけないだろー」
 
トモコ「あ、あはは、ですよねー!バカ!ダチコ。何でそんなこと言うの」
 
ダチコ「トモコが言ったんだよっ?、おにーさんのちんちんどんなかなーって」
 
トモコ「ダチコの方がエロいだけじゃん!私はちょっと気になっただけで、見たいのはダチコでしょ!私そんな恥ずかしいこと言ってないもん!」
 
ダチコ「ウソツキ!何なのもう!ぎゃーす!オナってるくせに!」
 
トモコ「ぎゃーす!いやぁ、もう恥ずかしいよう!こんなのやっぱ変態じゃん、やだぁもう!」
 
トモコが泣き出した!
大胆なこと言ってくると思ったら、恥ずかしさで泣き出したりとか。
女の子って複雑なんだねー。DTの俺もおろおろ。
 
それにしても何だーこれー、収集つかなくなってきたぞー。
 
こんな時ぎゃーすを止められるのは…やはりガメラか。
さっきの会話で目覚めかけてはいるが、俺のガメラはまだ海の底だ。
 
呼ぶしかないか。
 
俺「もう、わかったからケンカしないでよ、見せればいいんだろ、この変態がー。その代わり」
 
ダチコ「あ、わかった、トモコも脱がないと不公平だよね」
 
トモコ「えー!何で私だけ!」
 
ダチコ「だって私恥ずかしいもん」
 
トモコ「リフジンだよ!」
 
いや、もうここまでの展開だけでじゅうぶん理不尽だ。
でも、おお!ちょっとおもしろいこと思いついた、提案してみよう。
 
俺「じゃんけんしてさ。あいこだったら、2人ともシャツだけ脱ぐ!前にそこまでは見せたからまだ平気っしょ」
 
トモコ「どっちかが勝ったら?」
 
俺「勝ったら何も脱がなくて良くて、負けたらブラジャーも脱ぐ!」
 
トモダチコ「ぎゃーす!」
 
変則野球拳である。
真剣一発勝負の結果、負けたのはトモコ。
 
ぎゃーすぎゃーすわめいたが数分後。
手ブラのトモコは泣きそうになってた。
必死に乳首をかくしてるんだが、ブラの跡が生々しくて。あれ意外とエロいんだな。
AVなんかでブラの跡見つけるとシラけたりするんだが。
 
トモコ「やっぱもうやだよう、恥ずかしすぎるよう」
 
ダチコ「しょうがないじゃん、負けたんだから」
 
すっかりおとなしくなったトモコがさすがに、かわいそうになってきた。
大きな目を濡らして俺を見つめたと思うと、恥ずかしそうに目をそらす。
悪いことしてる気がしてしょうがない、だがそれにしても最高にエロい!
顔も体もピンクに染まって、夏なのに震えてる、小動物のごとき愛らしさ!
 
これは…来る。
来るよ、ガメラ、きっと来るよ。
あ、すみませんもうとっくに来てました。フルパワーで。
 
ここまで恥ずかしい思いをさせて、逃げ出すわけにはいかない!
ぎゃーすに勃ち向かうよ俺!ガメラ!
 
2人が見守る中でスウェットを下ろして丸出しになった!
目を丸くするトモダチコ。
同時にガマン汁が昇ってきた。
尿道!尿道をトクトクと昇ってくるのがモロわかる!
あああ、やべーんじゃねーのこれ。
 
トモコ「ふきゃー!やっぱおっきい!」
ようやくトモコに笑顔が戻った。
 
ダチコ「えー、すごい、黒っぽいんだー。見るの初めて!」
 
体勢ですが、俺ヒザ立ちで、2人が前に座ってる感じ。
トモコは相変わらず手ブラ。
でも手ブラの警戒がちょっとゆるんでてさ、ああ、見えそう、見たい!
 
トモコ「へえ、先が濡れてるよね」
 
ダチコ「ほう、カウパー氏腺液!これか!」
 
俺「触ってみる?」
 
トモコ「いーんですか!」
 
よっしゃ、これでトモコが乳から手を離す!
俺はこの時まで、おっぱいは大きいほうがいいに決まってると思ってた。
しかし!そうじゃないことを知る。
 
推定Bカップのトモコのおっぱいが、とてもキレイだったからだ。
初めてのナマおっぱいという感激を差し引いても!
おっぱいの価値は、形と大きさのバランス、体型とのバランス、乳首や乳輪の色も総合的に見なければわからないんだな!
これに肌触りと感度という条件が加わることを知るのは、もう少し先の話。
 
ピンクに染まったトモコのおっぱいに、俺の目は釘付け。
おっぱいの大きさで言えばダチコはインパクトがあるが、言ってしまえばそれだけだ。
単体で見れば、ダチコにも十分興奮出来るのは、まちがいないんだが。
 
ああ、おっぱい、いいよな、おっぱい!
おっと、あんまり感激してると童貞がバレる。
「キレイなおっぱいだね、かわいいよ」
と余裕の発言。
しかしガマン汁だけで、てらってらになってきたちんちん、やばい。
 
吹っ切れたのか、恥ずかしさに慣れてきたのか、おっぱい褒められて嬉しかったのか。
えへへ、と笑って歯を見せたトモコ、かわいい!
 
トモコの白くて細い指が、ちんちんの先に触れる!
ああ、あわわ、女の子に初めて触られた、あ、何これ、俺イッちゃうんじゃねーの!
 
幸い、ちょちょん、と触ってすぐ指を離してくれた。
にょよ~~ん、と、どこまでも伸びるガマン汁。
 
トモダチコ「うほう、ぎゃーす!のびる!のーびーるー」
 
バカウケである!
 
トモコ「男の人もこんなにヌルヌルになるんですね!ぎゃーまたヌルヌルが出てきてる?」
 
ああ、まずい、今度は人差し指、中指、親指の三本で亀頭をつまむようにモミモミしてきた!
 
トモコ「きとう、ってこの部分ですよね!何で亀の頭って…」
 
俺「そ、それはホラ亀に、に、似てる、あっ」ドピゅる!
 
トモコ「ひいっ!」
 
びゅびゅ、ドピュ!
 
トモコ「ふあ、ぎゃあす!」
 
びゅびゅっ、ぴゅる!
 
トモコ「何でー!何これー!ひどい!」
 
 
プラズマスペルマ精球(烈精球)・・・Wiki「ガメラ」参考
尿道口からエネルギービームを放つガメラの必殺技。体内に貯蔵してあるスペルマエネルギーと精子を陰嚢にある精巣で融合・圧縮することで強力な射出作用が発生、凝縮されたエネルギーが精液となって尿道口から噴射されるという、超放精現象である。女性を瞬時に混乱させる威力を持ち、小型のぎゃーす程度なら一撃で粉砕できる。
 
 
ダチコ「精子出た!早漏か、これが早漏か!」
 
予告無しの必殺技発動は、ぎゃーす粉砕どころか怒りを買うはめになったのだった。
トモコは手とおっぱいにぶっかかった精子を必死で拭いたあと、ブラジャーしてしまった。
10分後。
 
トモコ「おにーさんウソツキ。何かおかしーと思ったんだ、童貞だったんだ」
 
俺「ごめんなさい」
 
早漏追及の内に童貞がばれて、責められる俺。
トモコが敬語じゃなくなったし!
変態、早漏、妹にバラす、うそつき、覗き魔、さんざんののしられる始末。
そしてガメラは海の底に帰ったが、パンツは穿かせてもらえない。
 
ダチコ「でもさー、ってことは、おにーさんを初めてイカせたの、トモコってことになるね」
 
トモコ「あ、ほんとだ、えへへ」
 
うれしそうなトモコ。大人になったつもりかよ。もう気まずいだけだよ俺。
恥ずかしい、帰りたい、あ、だめだここ俺の家だった。
 
トモコ「2回目も私がいい!おにーさん横になって!」
 
ぶーぶー文句言うくせに何でうれしそうなんだよ。
もう黙って言うことを聞いてしまう俺。
俺Mかもって思った。
 
ダチコ「1回出したら、時間かかるもんじゃないの?勃起するまでいろいろ観察しよう!」
 
トモコ「おーイェー、ぎゃーす!」
 
何と言う屈辱、恥辱。
射精直後の賢者にはただ、単純に恥ずかしくてしょうがないだけのシチュエーションである。
 
ダチコ「ほうほう、ちっさくなると皮かぶるの?これがほうけいか」
 
俺「一応仮性…わー、むくな、ひっぱるな」
 
懇願は無視される。ヒドイ。
 
トモコ「イカ臭い?とかよく言うけど、イカってこんなニオイだっけ」
 
ダチコ「思ったより臭くないよね」
 
トモコ「あー、ウラスジって多分これのことじゃんね」
 
ダチコ「そうだね。でさ、この段差をカリって言うんだよきっと。で、勃起するとあーでこーで」
 
トモコ「ダチコダチコ、きんたま見て!」
 
ダチコ「ん…?」
 
…。
…、
…。
 
ダチコ「…動いてるー!ぶはー!ぎゃーすぎゃーす!」
 
トモコ「かわいいー!なんかふーわりふーわり動いてない?ぶふー!ぎゃーす!」
 
泣けてきた、泣けてきたよ俺!
でもどうしてガメラが目覚めてしまうんだろう。また来たよ、ガメラ来たよ。
 
トモコ「あ、あ、ちんちん膨らんできた、すごい…」
 
ダチコ「おおー、こんな風なんだ、ゴムボートに空気入れるみたい」
 
トモコ「気をつけないとまた急にびゅって出るかも!」
 
ちょっと身構える2人。
 
俺「大丈夫、2回目なんでガマンシマス…」
 
トモコ「出るときは言ってね?さっきこうやったら出たよね…」、指3本でモミモミ。俺「はううっ」
 
ダチコ「しごく?ってのがいいんじゃないの?よく男子がシコるって言ってるじゃん」
 
トモコ「こーゆーこと?」
 
俺「いてて!あんまりキュって下にひっぱったらダメ…!」
 
トモコ「あ、あ、ごめんなさい。こう?」 俺「はわわ」
 
ダチコ「でさ、口でちゅっちゅとか、ぱくってやったら?」
 
トモコ「ぎゃーす!ふぇらのこと?あれほんとにする人いるの?絶対汚いよ」
 
ダチコ「好き同士ならするんじゃん?」
 
トモコ「…」
 
俺の目をじーっと見ているトモコ。ちんちん握ったまま無表情。
あ、この時の体勢ですが。
俺はベッドに仰向け、Tシャツ一枚、下半身丸出し。
足は少し開いて伸ばして、手は腰の横でシーツをぎゅーっと握ってる。正になすがまま。
トモコは上半身白いブラだけで、ベッドの横に膝立ち、ダチコは足側の正面から見てる。
 
トモコ「おにーさんほんとは彼女いないんですよね?」
 
急に敬語に戻るトモコ。
答えに困る俺。
 
俺「彼女ではないけど、一応なんつーか、なんつーか」
 
トモコ「私彼女になりたいです…」
 
俺「うへー」
 
これ告白?もうちょっと状況を考えろ!
ああ、もう逃げられないのか、ていうか俺、逃げたいのか?わからない。
 
彼女(寸前)の顔が頭をよぎる。
 
彼女とは何度か食事して仕事のグチ言い合えるようになって、俺といると落ち着くって言ってくれたなあ。
手もつないだし、休みが合ったら2人でどっか行こうって言ったし、もういつ告白するかってトコだったのに。
 
ああでも…この展開を経て、俺をバカにしながら、その上で告白してくるJK。
頼れるお兄さん(?)からヘタレ童貞に格下げされたはずなのに。
勢いとエロ好奇心の延長で言ってるだけだろ、って思うけどさ!
かわいいよう。
 
下着姿で顔を赤くして、目をうるうるさせながら、俺のちんちんを握りながら、俺の目を見て告白してくるかわいい女の子。
これを強く拒否できる精神力は、俺にはなかった。
もうどうでもいいやと思った!
 
トモコ「私じゃダメですか」
 
俺「ダメじゃない、です。お願いします…」
 
何で敬語になってるの俺。
にっこり笑って、トモコがキスしてきた!軽く、チュっと。
 
トモコ「キスより先にフェラしたらおかしいもんね!」
 
ここまで来て、こんな展開でも、そういうの気にするんだな。
あー、俺ファーストキス。
下着姿のJKにちんちん触られながら。
1回イッてなかったら、ここで爆発してただろうな。
 
トモコがちんちんに唇をつけた。しびれる俺。
唇を押し付けたまま、舌をにょろっと出してくる。
小さな舌が遠慮がちに亀頭を撫でてくる。
泣きそうなぐらい気持ちいい!
 
でもトモコは顔をしかめて、やめてしまった。
 
トモコ「やっぱダメー。オイシクナイ」
 
ダチコ「オイシイかおいしくないかじゃないでしょ。がんばれ!」
 
トモコ「でもー。あ、おにーさんがちゃんと彼女さんと別れないと、やっぱ思い切りつかないです」
 
まだ付き合ってない人とどうやって別れるんだよ。
嘘ついて彼女って言ったのをまだ根に持ってるらしい。
ぶーぶー言われてその場で、告白もされてないのにフラないといけなくなった!
 
さすがにそんなことは出来ないので、彼女できた報告をメールですることに。
 
『彼女できたよ!やっほう!』
 
って感じであえて明るいノリで、彼女に送った。
2人が見てる前で、さよなら!って言葉に出してつぶやいて、送信ボタンを押したのさ。
 
何かもうヤケになった。
たった今、トモコが正式に俺の彼女になった。
 
変なもやもやを感じたまま、フェラしてもらった。
おえおえしながら、必死で咥えてくれて、何だかかわいかった。
俺も初めてだからさ、うまい下手はわからないけどな。
 
初めてで口に出されるのはイヤっていうのと、出るの見たいってことで、最後は自分で手コキさせられた。
手で受け止めてくれたんだが、結局勢いが良すぎて、また胸にかけちゃったよ。
今度はブラジャーを汚したことになるが、トモコはうれしそうに笑ってたよ。
 
2回イッちゃったし、ゴムもないし、トモコも覚悟できてないから、その日はここまでだ。
ダチコが残念がってたが、人が見てる前で童貞処女喪失はさすがにするわけないっつーの。
 
俺は見なかったけど、トモコはその時もうビショビショに濡れてて、ほんとはやりたかったともあとで言ってたんだが。
ダチコがいなかったら絶対、触ったり舐めたりもして欲しかった!てさ。
 
でもしばらくは、ホテルに行っても最後までは出来なかった。
トモコが異常なほど痛がるもん、俺も怖くてさ。
口と手でお互いに何回もいったよ。
 
例の彼女にメールを送ったあとなんだが、返信はなかった。
職場で会うから無視するわけにはいかないんだが、怒ってたよ!
実際、俺の告白を待ってたらしい彼女はびっくりしたみたいで、かなり俺を責めてきた。
ごめんなさい。
 
結局この彼女ともいろいろあるんだけど、それはまた別の話。
いや、一応書いとくか。
彼女、結構男好きでした。ビッチとまでは言うまい。
ちょっと年上なんですが、久しぶりに彼氏(俺)ができそうでわくわくしてたみたいでさ。
俺が若くて童貞だから慎重にアプローチして育ててきたのに、JKに横取りされたのが余程悔しかったらしい。
納得いかない!ってことで本性(?)表して、無理やり食われた。
 
 
ウルティメイト・スペルマ(究極超烈精球)・・・Wiki「ガメラ」参考
ガメラが天を仰ぐと、それに応えるかのようにまんこがガメラを収納、陰嚢にてスペルマエネルギー化され貯蔵限界まで蓄えられた精子を、子宮口に直接放射する、ガメラ究極の必殺奥義である。ただし、この技は大量のスタミナを消費してしまうため、連続使用後は体調のバランスに大きく支障をきたす恐れがある。
 
 
このころがモテ期だったみたいで、今彼女いません。

【おすすめ体験談】会社の後輩の智美に「もう彼氏とエッチ出来ない!」とまで言わせた俺の巨根寝取りセックス【前編】

【おすすめ体験談】就活中のサークルの先輩(彼氏持ち)を18センチの巨根で寝取る【名作】

【おすすめ体験談】ヤリサーの実態を暴露する 女子大の新入生ユウカに20センチ巨根をフェラ抜きしてもらった

ロリ巨乳女子大生を媚薬イカせまくり中出しセックス!

媚薬生ハメ 淫乱神乳 キメセクしちゃいました!可愛いロリ顔なのに媚薬を飲まされ理性崩壊ぶるぶるイキまくり中出しオナドール
媚薬生ハメ 淫乱神乳 キメセクしちゃいました!可愛いロリ顔なのに媚薬を飲まされ理性崩壊ぶるぶるイキまくり中出しオナドール